医療法人偕行会長野 駒ヶ根共立クリニック

お問い合わせ 地図・交通 送迎バス 診療時間 透析医療事業部
0265-82-5022
私たちのポリシー おおきな家族 患者様の声 研究活動報告 スタッフインタビュー

HOME > ニュース> 駒ヶ根共立クリニックニュース〜2017年9〜10月 < 前のページへ戻る

ニュース

駒ヶ根共立クリニックニュース
〜2017年9〜10月「患者様の足をお守りするフットケアと炭酸泉浴」

(1)スタッフ全員で、全患者様に対する月1回の足観察を実施
(2)フットケアの時間が患者様とのコミュニケーションを促進

糖尿病から透析治療を導入される方は足の血行状態が悪いことが多く、足の怪我が治りにくかったり、歩けなくなってしまう恐れがあります。駒ヶ根共立クリニックでは、患者様の足をお守りするためのフットケアや炭酸泉浴に力を入れています。看護師さんにフットケア係の活動についてお話しをうかがいました

(2)フットケアの時間が患者様とのコミュニケーションを促進

−フットケアを行うことで、患者様の足への意識は向上しましたか。

はい。向上してきたと思います。
最初は、ご自分の足にご興味を持って頂いていない感じはしました。
最近は、患者様から「足を一緒に見てもらいたい」とおっしゃって頂けるようになってきました。「やっぱり自分一人では出来ないので一緒に見て欲しい」とおっしゃってくださった時には嬉しかったです。
私自身も「早期発見、早期治療がとても大事」だと、さらに強く意識するようになりました。

−先ほど、足湯のようなものをされている患者様を拝見しました。

はい。透析治療をされている患者様は足の血流が良くない方が多いので、炭酸泉浴を実施しています。
炭酸ガスが皮膚から吸収されて、血管を拡張することで血流改善になり、体の芯からポカポカ温かくなるだけでなく、その温かさが持続します。
患者様からも「ポカポカして気持ち良い」というお言葉が聞かれています。

−大勢の方が行っているのですか。

患者様から患者様に「気持ち良くていいよ」という口コミが伝わっていまして「炭酸泉浴をしたい」という患者様が増えてきました。

−先ほど、患者様が「良い湯だよ〜」とおっしゃっていました(笑)

癒しと言いますか、気持ちも安らぐようですね。

−足を見せたり、足を触られたりというのは日常生活ではなかなか無いことだと思います。

そうですね。以前は、患者様の中にも、足を見せたり爪を見せたりすることへの抵抗があって「見せてください」とお願いしても、拒まれてしまうことがありました。
今では「足が気になるからみてほしい」「爪が引っ掛かるから切ってほしい」といったご要望があります。スタッフに足を見せることの抵抗感は小さくなってきたように思います。

−患者様からの信頼がさらに高まっている証拠だと思います。

そうだと嬉しいです。
爪を切る時に痛くしているとお願いをして頂けないでしょうし、記録をしっかりとっていることも信頼に繋がっているのかもしれません。
それと、副次的な効果ですが、フットケアの時間が患者様とコミュニケーションをとる時間にもなっています。リラックスしてくださっていることもあって、自然にいろいろなお話しをしてくださいます。
そういったことが透析治療に役立っている部分もあります。

−フットケアが、患者様とのコミュニケーションにも良い影響をもたらしているのは素敵なことですね。今日はありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

 



  HOME  

医療法人偕行会長野 駒ヶ根共立クリニック 〒399-4117長野県駒ヶ根市赤穂4269番地 TEL 0265-82-5022

Copyright Komagane Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.