高い透析医療技術が実現する、笑顔あふれる透析クリニック 052-363-7373
医療法人偕行会 豊田共立クリニック
お問合 地図/交通 送迎バス 求人 透析医療事業部

ポリシー 笑顔のための医療 豊田の笑顔 スタッフ募集 「腎友の会」ご案内
HOME > スタッフインタビュー > 彌田有弘さん < 前のページへ戻る
スタッフインタビュー

●患者様がご自身のことを話したくなる雰囲気づくり

−透析医療に携わって何年ですか。

(彌田さん)
6年になります。
以前は高齢者の方を多く診る病院で働いていました。

−透析施設との共通点はありますか。

(彌田さん)
患者様の全体を診ていくという点は似ていると思います。普段の生活をどうやってフォローしてあげられるか?という点は共通ですね。
特に透析施設の場合は、患者様は入院されているわけではありません。入院していれば普段の生活から食事まで全てを管理できますが、普段の生活までは管理できません。
ですから、普段の生活を出来るだけ快適に過ごして頂きながら、かつご自身で管理しなくてはならないことを指導することが大切だと思います。

−入院と通院というのは違うものなのですね。

(彌田さん)
通院しての透析治療ですから、患者様の普段の生活に思いを巡らせることが結構ありますね。
治療におみえになった時の何気ない会話から、私たちが汲み取っていきたいと思います。

−指導というのは難しそうです。

(彌田さん)
強制しても取り組んでいただけないと思います。
まずは、治療に関係ないことも含めてお話し出来る雰囲気づくりをしています。その上で、挨拶をした時などに”ちょっとした違い”に気が付くことが大切だと思います。

−月曜日には調子が良くても、水曜日には体調が悪くなっていることもあるのですか。

(彌田さん)
あります。
月曜日にご帰宅されてから、水曜日におみえになるまでに何かあったわけです。
その理由をどうやって掴んでいくのか?そのスキルをもっと身に付けていきたいです。

−私が入院した時の経験ですが、食べ過ぎたといった「自分が悪いこと」は話したくなかったです(笑)

(彌田さん)
はい。それはお話したくないと思います。
豊田共立クリニックは患者様同士の仲が良くて楽しくお話されています。そのような”話したくなるような雰囲気”の中に入っていって、情報をキャッチしていくことが必要だと思います。

−その方が患者様としてもお気持ちが楽だと思います。

(彌田さん)
誰でも、尋問のように質問されたら話したくなくなりますよね(笑)

 

看護師の彌田有弘さん。患者様への優しい想いと、スタッフへ強い信頼を感じるお話を聞くことが出来ました。

自分にあった働き方で、幅広い仕事ができるのが看護師の魅力

患者様がご自身のことを話したくなる雰囲気づくり

豊田共立クリニックは良いチームだと実感する瞬間

痛くない処置で傷は治る



 


  HOME
豊田共立クリニックは良いチームだと実感する瞬間


医療法人偕行会 豊田共立クリニック
〒470-1201愛知県豊田市豊栄町10-59 Tel.0565-74-0774 Fax.0565-74-0799


Copyright© Toyota Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.