高い透析医療技術が実現する、笑顔あふれる透析クリニック 052-363-7373
医療法人偕行会 豊田共立クリニック
お問合 地図/交通 送迎バス 求人 透析医療事業部

ポリシー 笑顔のための医療 豊田の笑顔 スタッフ募集 「腎友の会」ご案内
HOME > スタッフインタビュー > 主任 山内さん[助け合うことができる素晴らしいチームになっています] < 前のページへ戻る
スタッフインタビュー

●助け合うことができる素晴らしいチームになっています

−こんにちは。今日はよろしくお願いします。

(山内さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−主任さんとして、今、もっとも気を使ってることは何ですか。

(山内さん)
私が思ってることでいいですよね。

−はい。もちろんです。

(山内さん)
患者様を守らなきゃいけない。ってことですね。
それに、スタッフのことも守らなきゃいけない。って思っています。

−守らなくてはいけない。

(山内さん)
はい。
例えば、スタッフに対して、指示漏れがあれば、患者様に迷惑がかかってしまいます。
全体を把握していなくてはいけない!という責任が自分の中にあります。
今、患者さんがすごく増えてきているのは、豊田共立クリニックのことをご理解していただき、ご支持いただいているからだと思います。
だからこそ、医療の質を維持するだけでなく、質をもっと上げなくてはと思うんです。
でも、私ひとりではできないんですね。
リーダーやスタッフのことを信じて、全員で患者様を守っていかなくてはと思っています。

−山内さんひとりで抱え込んでしまった時期もあるのですか。

(山内さん)
そんな時もあったのかなと思います。
でも、それじゃいけないと思うんです。

−豊田共立クリニックというチーム力でやっていくことが大事なのでしょうか。

(山内さん)
そうですね。

−チーム力を発揮するために大事なことは何でしょうか。

(山内さん)
スタッフ間で助け合うということです。
わかりやすくいえば、お子さんのいるスタッフは急に休むかもしれません。
仕事中でもいろいろなことがあります。
それでも、うまくいっているのは、お互い助け合ってるからなんですね。

−助け合えるってステキですね。

(山内さん)
はい。今、豊田共立クリニックはスタッフ同士もすごく良い状態です。
コミュニケーションが良いから、人間関係もいいんです。
新しいスタッフが入っても、チームの一員として馴染んでいけます。

−簡単そうで、難しいですよね。

(山内さん)
すごくありがたいですね。
コミュニケーションがとれていれば、人間関係も良くなります。
人間関係が良くなれば、コミュニケーションも取れますよね。
コミュニケーションや人間関係が良くなれば助け合います。
そういうのがうまく廻っていますね。

地域のご支持をいただいて、患者様が増え続けている豊田共立クリニック。
透析医療の質を維持するだけでなく、高めるために日々奮闘している主任の山内千代美さんにお話しをうかがいました。


助け合うことができる素晴らしいチームになっています

元気を発信すれば、自分に元気が返ってきます


  HOME
元気を発信すれば、自分に元気が返ってきます


医療法人偕行会 豊田共立クリニック
〒470-1201愛知県豊田市豊栄町10-59 Tel.0565-74-0774 Fax.0565-74-0799


Copyright© Toyota Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.