高い透析医療技術が実現する、笑顔あふれる透析クリニック 052-363-7373
医療法人偕行会 豊田共立クリニック
お問合 地図/交通 送迎バス 求人 透析医療事業部

ポリシー 笑顔のための医療 豊田の笑顔 スタッフ募集 「腎友の会」ご案内
HOME > スタッフインタビュー < 前のページへ戻る
スタッフインタビュー

豊田共立クリニックの課長になって約2年になる谷川さん。職場全体がいつも明るく活気ある雰囲気である理由や、課長さんの役割についてお話しを伺いました。

スタッフが”患者様が話しやすい雰囲気を作る”理由

スタッフが考えていることを実行できる職場環境

スタッフ同士理解しあい、考えを尊重しながら仕事をしたい

主任として、臨床工学技士のチームをまとめている吉村修平さん。さらなるレベルアップのための取組についてお話を伺いました。

仕事を深めて、透析医療の質をさらに高めていきたい

個性あるスタッフだからこそ、優秀なチームになる

患者様の足を守る活動の中心となっているASO委員会のメンバーとなった神田礼加さん。看護師として初めて取り組む仕事にやりがいを感じ始めているようです。

生活と仕事のバランスがとれる、働きやすい職場

役割を与えてもらって、勉強して成果が上がると嬉しい

豊田共立クリニックで働き始めて10年になる看護師の楠田純子さんに、長くお仕事を続けられた理由や、透析施設での看護のお仕事のやりがいについてお話していただきました。

自分がしてもらったことを職場にお返ししていきたい

妥協をしないで看護という仕事に向き合っていける職場

患者様の意思を尊重して支援していきたい

スタッフ同士が教え合いながら、よい刺激を受けている

一生懸命に思い切ってやれば、必ず周囲が助けてくれる

豊田共立クリニックに転職して、もうすぐ2年となる看護師の近藤友美さん。透析施設で働きはじめる前に感じた不安、現在感じている仕事で感じる喜びについてうかがいました。

自分自身の経験や知識を、どう活かせるのか知りたくて転職

豊田共立クリニックに転職しなければ、味わえなかった喜び

自分のスキルアップにつながる透析医療での看護

看護師としてのアセスメント能力をもっと高めていきたい

看護師の彌田有弘さん。患者様への優しい想いと、スタッフへ強い信頼を感じるお話を聞くことが出来ました。

自分にあった働き方で、幅広い仕事ができるのが看護師の魅力

患者様がご自身のことを話したくなる雰囲気づくり

豊田共立クリニックは良いチームだと実感する瞬間

痛くない処置で傷は治る

新卒で豊田共立クリニックで働き始めた、臨床工学技士の本田翔大さん。約2年が経ち、毎日が新鮮で、やりがいを感じながらお仕事に取り組んでいるようです。

患者様や多くの専門家と関わる仕事は、毎日が新鮮でやりがいがある

患者様にとって安全か?という視点、患者様の命に関わっているという意識

プロフェッショナルな先輩技士から多くを学べる職場環境

4月から豊田共立クリニックの院長になられた濱口桂さん。医療にかける熱意は患者様やスタッフに確実に伝わっているようです。

”患者様の目線に立った診療をする”ことは全ての医療分野で共通

優秀なスタッフがチームで患者様を支えているクリニックだと実感

無心になって透析医療に取り組んでいく決意

安全・安心・快適で高品質の透析医療を、これからも提供し続ける

豊田共立クリニックに入職して2年が経った吉村修平さん。チームの一員として積極的に改善や指導に取り組んでいます。

患者様のために、改善や投資が出来る豊田共立クリニック

患者様やスタッフが、自分のことを受け入れてくれたのが嬉しい

自分が持っている技術や経験を若い人たちに伝えていきたい

透析技術認定士の資格を取得された臨床工学技士の原田友美さん。勉強をすることで、たくさんの気づきがあり、仕事への取り組みにも良い影響があったようです。

資格取得の勉強をすることで大事なことに気がつきました

人に教えるって難しい!でも、勉強になります

医師に技士の立場から提案できるようになりたい

透析技術認定士の資格を取得された臨床工学技師の早川紘美さん。資格取得して良かったことや、仕事の喜びについてお話をうかがいました。

透析技術認定士の資格取得の勉強が現場の仕事に役立ったこととは?

勉強することは自分のためだけでなく、患者様のためになる

職種によって仕事が分断せず、助け合いながら仕事ができる豊田共立クリニック

患者様のご希望に応えられることが嬉しい

透析治療は同じように見えて「患者様によって、または体調によってそれぞれ違う治療」のようです。臨床工学技士・兵藤美穂さんに、具体的な治療の違いについてお話をうかがいました。

臨床工学技士がみているデータからわかる”患者様の今”

食べる、睡眠、排泄の3つが最も大切

看護助手として働きはじめて、患者様のためにもっと出来ることを増やしたい!と看護師になった井上恵美子さんにお話をうかがいました。

この仕事が好きです!

患者様とも、職場でも、大事なのは人間関係 

患者様を優しく看守っている看護師の柘植知美さん。早期に発見し、早期に対処するために具体的に行っていることについてお話しをうかがいました。

朝の挨拶で患者様の体調を感じることが1日のスタート

患者様ができるだけ負担がなくお過ごしいただけるように

「まだまだ出来ることがたくさんある!」と水の管理に力を入れている臨床工学技士の吉村修平さんにお話しをうかがいました。

さらに高いレベルの水の管理を目指して改善中!

キレイな水は患者様の体調にも好影響を与えます

新卒で豊田共立クリニックに入って1年6ヶ月の畠中昌也さん。今、どのような気持ちでお仕事に取り組んでいるのでしょうか。

技士として絶対にしてはいけないミスがあります

人に恵まれた環境で、資格取得もしていきたいです!

「この職場が大好き!」という看護師の坂本はるみさん。
その理由をうかがいました。

気持ちよく仕事ができる大好き!な職場である理由

ちょっとしたことの積み重ねが信頼につながっていく

職場選びは直感!見学したときの第一印象を信じてみて

透析医療の経験が20年という岩月敏子さん。
透析医療で大切なことについてお話しをうかがいました。

透析医療20年で、変わったこと、変わらないこと

臨床工学技士になられて13年という兵藤美穂さん。
長くお仕事を続けられたのは”職場がいい人間関係だったから”なのだそうです。

ずっと、職場のスタッフに恵まれてます

地域のご支持をいただいて、患者様が増え続けている豊田共立クリニック。
透析医療の質を維持するだけでなく、高めるために日々奮闘している主任の山内千代美さんにお話しをうかがいました。

助け合うことができる素晴らしいチームになっています

元気を発信すれば、自分に元気が返ってきます

透析医療での看護師経験が豊富な熊谷直美さんの目には、豊田共立クリニックや医師・看護師・他スタッフが、どのように映っているかうかがいました。

豊田共立クリニックに笑顔があふれている理由

どんな小さなことでも情報共有するのが大切

透析施設で働きはじめて1年という看護師の野見山さんは、看護師15年目というベテラン看護師さん。
ベテラン看護師さんからみた透析施設と看護はどのようなものだったでしょうか。

看護師として大事にしていること

透析施設での働くという選択を全くもっていませんでした

これまでの看護経験と透析医療での看護で、同じところ違うところ

豊田共立クリニックを選んだ理由

 
HOME
   


医療法人偕行会 豊田共立クリニック
〒470-1201愛知県豊田市豊栄町10-59 Tel.0565-74-0774 Fax.0565-74-0799


Copyright© Toyota Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.