看護師求人!看護師募集中!!愛知、名古屋、弥富、安城、豊田、半田、瀬戸、静岡、掛川、三重、桑名、長野、駒ヶ根、東京、さいたま、岐阜、中津川
偕行会グループ透析医療事業部
ホーム リンク サイトマップ
透析医療の現在と課題 偕行会グループの透析医療 全国のクリニックご紹介 透析合併症対策室 患者様の声

HOME > 透析医療の現在と課題 > 透析医療の社会的な役割
前のページへ戻る
透析医療の現在と課題
透析医療の社会的な役割
求められる透析医療
透析医療の課題“合併症対策”

増加し続ける透析者
日本で透析を受けている方は年々増えつづけ、 25万人を超えました。
以前は、透析治療をしても5年の余命である。といわれていましたが、
現在では、透析治療を20年以上続ける方も珍しくなく、
”透析治療によって長生きができる時代”となりました。
日本の透析医療の水準(社会保障やダイアライザーの質など)は
世界一で、一般の方とかわらない社会生活を送られている方も
たくさんおみえになります。
しかし、その一方で透析医療は、様々な問題点を抱えています。
透析医療は新たな時代に
透析医療は新たな時代に入りました。その特質は3つあります。
(1)患者数は増加していても透析医療費が伸びていないこと。つまり患者様ひとり当たりの医療費が従来の半額になっていること。
(2)透析導入原疾患が慢性腎炎から糖尿病・高血圧(高齢者)に変化してきていること。
(3)そのために心血管系の合併症が多くなり、その対策を講じなければ透析者のQOL(Qualty of Life:生活の質)や生存率を高めることができないこと。
このような諸問題に的確に、かつ迅速に対処していかなくてはなりません。
高品質の透析医療を維持するのが難しい時代
透析医療に課せられた課題は多いにも関わらず、2006年4月の診療報酬の改定により、患者様ひとり当たりの医療費は従来の半額になるという矛盾が生じています。
つまり ”高品質の透析医療を維持することが難しい時代”になっています。
透析医療費の抑制が続く中、ともすれば、質を落とした透析医療の提供もいたしかたないととらえがちですが、患者様のために、そのようなことが絶対にあってはならないのです。
>>> では、今!求められている透析医療とは何でしょうか?
 
 
偕行会グループ 透析医療事業部
Copyright© Kaikokai Group. All Rights Reserved.