スタッフインタビュー:蔀さん

(3)良い職場に来たので、これからもっと勉強したい

−少しずつ業務内容も増えてきた頃ではないでしょうか。

(蔀さん)
機械の開始、返血と抜針など、少しずつしています。

 

−蔀さんの指導担当である近藤さんの印象をお聞かせください。

(蔀さん)
病棟にいる優しい看護師さんという印象です。本当にすごく優しいんです。
看護師としての経験も豊富ですし、質問すると何でも教えてもらえるので、聞きやすいです。

 

−働き始めて、以前、働いていた透析施設との違いはありましたか。

(蔀さん)
臨床工学技士さんが機械以外の仕事をやっていることに驚きました。
バイタル(血圧)を測ったりして、技士さんが患者様と接する機会が多いですね。
以前の透析施設の技士さんは、血圧の急変時など、看護師から何か訴えない限りは、そのようなことはしなかったんです。

 

−ご興味のあった検査についてはいかがでしょうか。

(蔀さん)
足の動脈の検査などを足観察の時にやっています。
患者様の健康管理のために、いろいろなことをやっていることにも驚きました。

 

−職場には馴染めましたか。

(蔀さん)
私は割と人見知りして、ちょっと緊張するとあまりしゃべれなくなるんですけど・・・。
皆さんが「大丈夫?」「慣れてきた?」と、よく声を掛けてくれたので馴染みやすかったです。
私のことを「受け入れますよ」という気持ちでいることがわかったので嬉しかったです。

 

−良かったですね。

(蔀さん)
助かりました。
何でも誰にでも聞けたので、ありがたいなと思いました。

 

−今後の目標はどのようなことですか。

(蔀さん)
せっかく良い職場で働くことになったので、透析の知識を深めていけたらと思います。
看護のことも、透析治療のことも、検査のことも勉強したいなと思います。

 

−これからが楽しみですね。また、お話しを聞かせてください。今日はありがとうございました。

(蔀さん)
ありがとうございました。