スタッフインタビュー:宮城さん

(1)フットケアの取組で有名な偕行会グループに魅力を感じての転職

−こんにちは。よろしくお願いします。

(宮城さん)
よろしくお願いします。

−看護師さんになって何年ですか。

(宮城さん)
准看護師の資格をとって10年です。偕行会グループではない透析施設で10年ほど働いていました。
正看護師の資格をとるために仕事を休んでいましたが、資格がとれたので瀬戸共立クリニックにお世話になることにしました。

−おめでとうございます。働く場所として透析医療を再度選んだ理由は何でしょうか。

(宮城さん)
透析医療が好きですし、自分に合っているかなと思います。
准看護師になったばかりの頃に友人に誘ってもらったのが、勤めることになったきっかけですが、当時は透析治療のことは”腎臓の代わりをする機械で血液をきれいにする”くらいの知識しかありませんでした。
実際に仕事を始めてみると、穿刺をうまくやるにはどうしたらいいのか?と興味をもつようになりました。難しい血管でもうまく穿刺ができたことが嬉しかったです。また、自分が計画を立てた除水で血圧下がらずに治療が終了することも嬉しいことですし、患者様に「ありがとう」とおっしゃっていただける等、コミュニケーションや信頼関係ができることもやりがいにつながっていました。

−なるほど。

(宮城さん)
性格的にものんびりしていますので(笑)慢性疾患の方が合っていると思います。
学校で実習していた時も、リハビリなどで徐々に良くなっていくということに興味を持っていました。
ですから、正看護師の資格がとれたら、また透析医療に携わりたいと考えていました。

−正看護師さんの資格をとろうと考えた理由は何ですか。

(宮城さん)
勉強をして、知識を高めたいと思いました。

−知識を高めた宮城さんが、瀬戸共立クリニックを選んだ理由は何ですか。

(宮城さん)
まずは、いろいろな事に積極的に取り組んでいることですね。
とくに興味をもったのはフットケアで、偕行会グループは先進的に取り組んでいることは有名で、以前の施設で勤めていた頃から講習にも参加していました。
新しいことに取り組めることに魅力を感じて就職しました。

−既にフットケアについては関わっているのですか。

(宮城さん)
少しずつですね。
これから、もっと深く学んで、患者様のお役に立てるようになっていきたいと思います。