スタッフインタビュー:加利部さん

(1)透析医療においても看護の基本は同じ

−こんにちは。よろしくお願いします。

(加利部さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

 

−透析医療のご経験はどのくらいですか。

(加利部さん)
瀬戸共立クリニックに入って初めてです。

 

−瀬戸共立クリニックを選んだ理由は何ですか。

(加利部さん)
正直に言うと、今後の生活のことを考えて、勤務時間で決めました。
以前は、少し特殊な分野の病院で、体力的にも大変な仕事でした。ちょうど、体調を崩したということもあって、家事も仕事も両立できるような環境が欲しかったんです。昼間に仕事が終わって、夜勤の無い仕事にしたいと思っていました。

 

−実際に働いてみて、生活とのバランスは良くなりましたか。

(加利部さん)
帰りが早いので、家のことがその日のうちにできるのは良いです。
仕事におわれていた頃は、休みの日にまとめて掃除・洗濯をしていたのですが、今はその日のうちに掃除・洗濯ができます。
なるべく家のことは自分でやりたいなと思っているので、時間的に融通が利くのはありがたいです。

 

−透析医療に携わってみて、看護のお仕事についてはどのような印象をおもちですか。

(加利部さん)
看護の部分については、透析においても看護の基本的な部分は変わらないです。
患者様の状態を看ることも、心理的な動きを追っていくことも、それに対応した看護をしていくというのは、患者様が子どもであろうが大人であろうが同じだろうなと思います。
穿刺や機械を動かすといった技術的な部分は違いがあるとは思います。

 

−透析医療の現場について「意外に良いな」と思うような点はありましたか。

(加利部さん)
私は、子どもたちの看護が多かったんですね。
透析の場合は、私よりも年上の患者様が多いです。自分の父親・母親よりも人生経験の長い方が多いので、普通の治療以外の会話から学ばせていただくことも多いですね。
医療的な部分でも、患者様は透析治療経験の長い方がおみえですし、患者様から勉強させていただくこともあります。
いろいろな意味で、すごく勉強になっています。

 

−それは良いですね。

(加利部さん)
今までにない刺激は感じます。