スタッフインタビュー:岩本さん

(2)チームワークの良い、女性が安心して働ける職場

−医療事務として、一歩引いたところから透析医療の現場を見続けてきているわけですが、瀬戸共立クリニックのスタッフの良さはどのようなところだとお考えですか?

(岩本さん)
みなさん、すごく患者さんに対して距離が近いですね。
すごい親身になっているのが伝わってきます。

−たとえばどんな時ですか。

(岩本さん)
どんなに忙しくても、患者様から声がかかれば、適当にあしらったりとかは絶対しないですね。
病気のことだけでなく、ご家族のことの悩みもあったりするようですが、すごく親身になって聞いてくれると患者様が喜んでくださっていますね。
患者様も心を開いて、スタッフに話してくれているので距離の近さを感じますね。

−それって難しいことですよね。

(岩本さん)
そうですね。
積み重ねていかないと・・ですよね。

−スタッフ間の関係はどのようにご覧になっていますか?

(岩本さん)
看護師さんの得意分野、技士さんの得意分野、事務の得意分野もあるので、それぞれの得意分野を活かしていると思います。
わからないところはわからないので、私も質問させていただいています。
逆に私がお教えすることもあって、協力してやってます。

−チームワークがいいのでしょうか。

(岩本さん)
チームで動いていかないと成り立たないと思うんですね。
自分はこう思う!とみんなが違う事を思っていたら大変なことになります。
みんなで協力してやってく必要がありますよね。

−先ほど将来のことも考えて医療事務の仕事をはじめたというお話しがありましたが、働きやすいですか。

(岩本さん)
偕行会という大きなグループの一員なので制度がしっかりできていると思いますね。
産休・育休という制度も充実していますし、上司の理解もありますし。
お子さんの急な体調不良の場合も助け合っていますね。

−そういった面では、ご自分の将来を考えても安心感がありますか?

(岩本さん)
そうですね。
看護師さんも技士さんも事務も助手さんも・・・みんな理解があって助け合っていますね。

−なるほど。そういうのは良いですよね。

(岩本さん)
はい。女性が安心して働ける職場だと思います。

−これからもがんばってください。今日はありがとうございました。

(岩本さん)
こちらこそ、ありがとうございました。