スタッフインタビュー:看護師・樋口真由さん

瀬戸共立クリニックに転職して1年になる看護師の樋口真由さん。職場がチーム一体となって仕事をしていることを実感しているようです。

(1)患者様ともっと接したい、もっと長く関わりたくて転職しました

−こんにちは。よろしくお願いします。

(樋口さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−看護師さんになって何年ですか。

(樋口さん)
もうすぐ6年になります。
瀬戸共立クリニックで働き始めて、もうすぐ1年になります。

−透析治療に携わったご経験はありますか。

(樋口さん)
ありません。急性期の病院に勤務していたのですが、忙しくて患者様と関わる時間を持つことが出来ませんでした。患者様と話す時間さえ取れず、流れ作業のように仕事をするしかない場合もありました。
そのため、もう少し余裕を持って患者様と接したい、同じ患者様と長く関わってみたいと考えていました。
透析施設であれば、患者様と関わる時間が持てるかもしれないと思い、瀬戸共立クリニックへ転職することにしました。

−この1年は大変でしたか。

(樋口さん)
はい。どのような職場でも最初は大変だと思います。
患者様の顔と名前を覚えること、私のことを知って頂くことに時間はかかりましたが、患者様と先輩スタッフの皆さんに良くしていただいたおかげで、溶け込むことができたと思います。
また、新人にはプリセプターさん(専属の教育担当)が付いてくれます。居てくれるだけで、安心感が全く違いますね。プリセプターさんが居ない時に困ったことがあっても、職場にいる先輩が直ぐにサポートしてくれるので、安心して仕事ができました。
穿刺の勉強の際には、先輩方が「私の(腕)で練習してくれていいよ」と言ってくださって、「私のために、そんなことまで!」と本当にビックリしました。
皆さんに本当に感謝しています。

−以前は、何科にお勤めだったのですか。

(樋口さん)
血管外科です。糖尿病等で足がかなり酷くなってから入院する方をたくさん看てきました。
そこまで悪くなる前に、何か出来ることは無いのかな?と考えていました。

−透析医療におけるフットケア等にも通じるお仕事ですね。

(樋口さん)
はい。フットケアに興味を持っていました。
フットケアをする時間は、患者様とお話しする良い機会でもあるので、先輩方のように患者様から上手にお話しを引き出して、少しずつ信頼関係を深めていきたいと思います。

−ある意味、患者様から情報を引き出すのも大事なお仕事になるのでしょうね。

(樋口さん)
大事だと思います。患者様の情報をスタッフで共有することが、問題の早期発見や解決の糸口になることがあります。
患者様のお身体やお気持ちの状況によって、適切な関わり方をすることで、問題が解決してくこともあります。

−なるほど。患者様のお身体もお気持ちも専門的に理解した上でのコミュニケーションをされているのですね。

(樋口さん)
はい。透析治療の導入に至るまでの経過や生活は患者様それぞれですから、最適な関わり方も違います。
しっかりとコミュニケーションをとることが大事になると考えています。