医療法人偕行会名港共立クリニック
お問い合わせ 地図・交通
透析医療事業部 看護師募集
フリーダイヤル0120-65-3120
 
 
超キレイな透析液と、経験豊かなスタッフが、快適な透析ライフを提供します。   シャトルバスのご案内
 
 
私たちのポリシー 超キレイな透析液 最新透析治療 高い治療効果 スタッフインタビュー 研究開発活動
 

HOME > 名港共立クリニック・トピックス < 前のページへ戻る



名港共立クリニック・トピックス 2017/6

患者様のADL(日常生活動作)の維持・向上を実現する運動療法委員会の活動

名港共立クリニックでは、患者様の生活での運動能力や体力維持を目的としたウォーキング等の運動推進にいち早く取り組んできました。運動療法推進の中心的な役割を担っている運動療法委員会のリーダーである看護師の杉野育代さんにお話しをうかがいました。

(1)患者様が生き甲斐を持ち、持続するために始まった取組
(2)腕の運動療法を始めて、ご自身での車椅子移動が可能になった

(1)患者様が生き甲斐を持ち、持続するために始まった取組

−こんにちは。よろしくお願いします。

(杉野さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−まずは運動療法委員会の役割を教えてください。

(杉野さん)
まずは、患者様が透析治療中に行っている運動療法への介入です。
それと、運動療法への理解と関心を拡げる活動をしています。

−先ほど、運動療法をされている患者様のお手伝いをされていましたね。

(杉野さん)
はい。安全に運動するためのお手伝いだけでなく、正しい方法で行われているかを確認しています。
こちらがお声がけすることで頑張ってくださる場合もありますので、患者様の体調を確認しながら「できそうなら、ちょっとやってみましょうか?」とお声がけさせていただいています。

−患者様のお気持ちを大事にされているのですね。

(杉野さん)
無理に運動していただくことはありません。
お身体の調子は良くても、お気持ち的に「今日はちょっと休みたい」という日もありますので、患者様のお気持ちを最優先で考えています。
毎回5分でも10分でもいいので、継続していくことが大事だと考えています。

−そう言えば、患者様が万歩計で歩いた距離を日本地図に書き込んで、患者様同士が楽しく競い合うという取組を開院当初にされていたことを思い出しました。名港共立クリニックさんの運動推進の取組には歴史がありますね。

(杉野さん)
はい。その取組が始まったきっかけが患者様への”生き甲斐”に関するアンケートでした。
生き甲斐を持ち、持続していただくためにも体力が必要であり、ADL(日常生活動作)を落とさないためにも体力維持のための取組を始めようということになりました。
患者様が楽しんで歩くようになった頃、運動療法士が介入し、歩くことのアドバイスをするようになりました。

−なるほど。患者様をサポートする形で運動療法士さんの関わりが始まっているのですね。

(杉野さん)
その後、透析治療中の運動療法に形が変わってきて、現在も継続しています。

−運動中に患者様とスタッフさんがテレビを見てお話しされていました。何をご覧になっているのですか。

(杉野さん)
ベッドにあるテレビで運動に関する動画を見て、運動方法を確認できるようになっています。

−それはすごいですね!

(杉野さん)
動画を見ながら運動している患者様をご覧になって「これを見ながらなら、自分も出来るかな?」と運動を始めた患者様もおみえなので、動画閲覧を患者様におすすめしています。

−スタッフの皆さんのサポートに加えて動画の提供など、運動しやすい環境が整っているのですね。素晴らしいですね。

(2)腕の運動療法を始めて、ご自身での車椅子移動が可能になった

 

●過去のトピックス
【2017/6】「患者様のADL(日常生活動作)の維持・向上を実現する運動療法委員会の活動」
【2017/5】「患者様の足をお守りする”フットケア・ASO委員会”の活動」
【2016/5】「教育委員会の取り組み」

【2016/3】「安全対策委員会の取り組み」
【2015/7】「取組開始3年目を迎えた透析治療中の運動療法の現状」
【2015/6】「足がポカポカに!患者様の評判が高い炭酸泉浴について」
【2014/5】月刊誌 透析ケアVol.20〜佐藤院長の監修をはじめ、偕行会のスタッフが原稿執筆しています
【2014/1】「患者様とスタッフの安全を守る、感染対策活動について」(2)感染予防を患者様とスタッフに啓発し続けることが重要
【2014/1】「患者様とスタッフの安全を守る、感染対策活動について」(1)勉強することで感染予防への意識が高まる
【2013/10】「万歩計をつけて歩こう!」楽しく日本地図一周

【2013/8】運動療法のメリットと安全性(4)医療従事者・研究者から見た、名港共立クリニックの魅力
【2013/8】運動療法のメリットと安全性(3)楽しく運動に取り組んでいる患者様の姿が嬉しい
【2013/7】運動療法のメリットと安全性(2)透析治療中の運動は身体に悪影響はないのか?
【2013/6】運動療法のメリットと安全性(1)運動が大事なことはわかるが、なぜ透析治療中なのか?
【2013/4】バスキュラーアクセス管理の重要性

【2012/10】患者様と質の高い透析医療を支えているのは人
【2012/9】透析治療中の運動療法をはじめました
【2012/3】透析治療の導入時によくあるご質問
【2012/3】透析治療の導入時の当クリニックの取り組みについて
【2011/9】災害への意識向上のための啓発活動、ABPIの測定を開始!フットケアがますます充実等


  HOME  

名港共立クリニック | 患者様お問い合わせ専用ダイヤル 0120-65-3120
〒455-0021愛知県名古屋市港区木場町8-202 Tel.052-698-3077 Fax.052-698-3166

Copyright © Meiko Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.