医療法人偕行会名港共立クリニック
お問い合わせ 地図・交通
透析医療事業部 看護師募集
フリーダイヤル0120-65-3120
 
 
超キレイな透析液と、経験豊かなスタッフが、快適な透析ライフを提供します。   シャトルバスのご案内
 
 
私たちのポリシー 超キレイな透析液 最新透析治療 高い治療効果 スタッフインタビュー 研究開発活動
 

HOME > スタッフインタビュー > 柴田友香さん[転職前に得た看護師としての知識や経験が活かせる透析医療] < 前のページへ戻る



スタッフインタビュー

スタッフインタビューvol.20 柴田友香さん

転職前に得た看護師としての知識や経験が活かせる透析医療

−こんにちは。よろしくお願いします。

(柴田さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−柴田さんは、看護師さんですか。

(柴田さん)
はい。そうです。
名港共立クリニックで働きはじめて5年目です。透析医療は初めての経験です。

−透析施設で働いてみようとお考えになった理由は何ですか。

(柴田さん)
子どもが小さいこともあって、昼間の勤務のみが良かったというのと、日曜日がお休みというのが私にとっては魅力でした。
今は、朝から夕方4〜5時くらいまでの勤務となっています。

−転職というのは不安がなかったですか。

(柴田さん)
透析医療はまったく経験がないので「私に出来るのかな?」不安でしたね。
はじめて見学にきた時も、見慣れない機械がたくさんあってとまどいました。

−それでも働こうと思った理由は何でしょうか。

(柴田さん)
クリニック全体がホテルのようにきれいですし、透析室もとても広くて明るいです。面接の時も、どのお話も納得できることばかりで、お断りする理由は見当たりませんでした。職場を拝見しても嫌なイメージを感じなかったので「やってみようかな」と思いました。

−実際に働いてみて、看護師さんのお仕事として興味深いことは何でしょうか。

(柴田さん)
名港共立クリニックは、質の高い透析治療の提供は当たり前のこととして、合併症にも積極的に取り組んでいます。透析治療が必要な患者様は、他の病気(合併症)も抱え込んでいる方が多いからです。そして高齢者の方もたくさんいおみえです。
そういった中で、私がこれまで関わってきた整形の知識や経験が役に立つところが嬉しいですね。

−看護師としての知識や経験が役立つ職場。

(柴田さん)
ご高齢の方が多い内科や、慢性期の入院病棟で透析患者様がおみえの病棟にいたこともあります。看護師として、様々な知識があった方が有利な職場だなと思います。。
たとえば、患者様の中には「昨日、転んじゃったよ」という方もおみえで、そういう時に整形での経験が活きてきますね。
また、患者様との会話やアドバイスにも活きてくると思います。

−患者様との会話やアドバイスにも活かせる。

(柴田さん)
はい。
腰が痛いからといっても寝てばかりでもいけなくて、適度な運動も必要ですし、コルセットの適正な使い方も指導ができます。
そのように患者様との会話の中で知識や経験が活きてくると思います。

−透析医療というのは、看護師さんにとっても興味深い現場ですね。

(柴田さん)
はい。そう思います。
透析医療は奥が深いですね。





名港共立クリニックに転職して初めて、透析医療を経験している柴田友香さんに、透析医療現場で働く魅力についてお話をうかがいました。


転職前に得た看護師としての知識や経験が活かせる透析医療

新しいことを学べたり実践できるのは新鮮

[同僚からみた柴田さんとは?]
柴田さんは、患者様からもスタッフからも頼りにされている存在です。とても幅広い知識と経験をもっているだけでなく、性格的に明るく、すてきな人柄がであることが頼りにされている理由だと思います。

目次
新しいことを学べたり実践できるのは新鮮

名港共立クリニック | 患者様お問い合わせ専用ダイヤル 0120-65-3120
〒455-0021愛知県名古屋市港区木場町8-202 Tel.052-698-3077 Fax.052-698-3166

Copyright © Meiko Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.