医療法人偕行会名港共立クリニック
お問い合わせ 地図・交通
透析医療事業部 看護師募集
フリーダイヤル0120-65-3120
 
 
超キレイな透析液と、経験豊かなスタッフが、快適な透析ライフを提供します。   シャトルバスのご案内
 
 
私たちのポリシー 超キレイな透析液 最新透析治療 高い治療効果 スタッフインタビュー 研究開発活動
 

HOME > スタッフインタビュー >永原愛美さん[家庭と仕事を両立するだけでなく、看護師としての仕事も充実!] < 前のページへ戻る



スタッフインタビュー

スタッフインタビューvol.45 永原愛美さん

家庭と仕事を両立するだけでなく、看護師としての仕事も充実!

−目標としているのは、どのような看護師さんですか。

(永原さん)
透析患者様との関わり方は難しいのでは?というイメージを持っている看護師は少なくないと思います。
でも、私としては、難しいというイメージは持っていません。
たとえば、言い方がきついこともある患者様は、そうなってしまう理由があるはずで、まずは患者様のことを理解できるように努めたいと考えています。そして、患者様に押しつけるのではなく、わかりやすい説明をしてご理解いただけるようになりたいです。
名港共立クリニックの先輩方は、患者様との関わりはもちろん、チーム内での連携もしっかりとしていて、穿刺等の技術面も素晴らしいので憧れています。

−職場として、名港共立クリニックさんの素晴らしいところは何ですか。

(永原さん)
まずは、教育体制がしっかりしているところです。
業務内でもきめ細かく指導してくれますし、私のように知識不足のスタッフのために勉強会を開催する等、学ぶ機会をつくってくれています。
クリニック全体で教育してくれているのを感じます。
チーム全体で、どうやって仕事の質を上げていくのかを意識しているクリニックだと思います。

−チームで仕事をしている感じがありますか。

(永原さん)
はい。すごく助け合っている職場だと思います。
分からないことがあっても、教育担当の先輩だけでなく、職場の誰に聞いても直ぐに教えてくれます。

−そのような環境は、仕事に良い影響があるものですか。

(永原さん)
疑問があっても、その都度解決できるので、安心して仕事ができます。
患者様はそれぞれ、除水の仕方、飲んでいる薬、ご要望も異なります。最適な対応を教えてもらえるので、患者様に対してしっかりと対応できます。

−なるほど。助け合えることは、患者様へ”質の高い透析医療を提供すること”に繋がっているのですね。名港共立クリニックさんに転職して良かったですか。

(永原さん)
良かったです。
1つは、子育てに理解があるので、家庭と仕事を両立出来る環境です。
もう1つは、透析医療という専門分野を深めるために、勉強できる環境があることです。
私にとっては、どちらも大事なことです。

−仕事をするからには、生活の充実も仕事の充実も、両方実現したいですよね。

(永原さん)
贅沢でしょうか(笑)
でも、皆さんのおかげで充実していると思います。

−両方の充実という願いは、皆さんお持ちだと思います。今日はありがとうございました。

(永原さん)
ありがとうございました。







平成28年8月から名港共立クリニックで働いている看護師の永原愛美さん。職場の仲間に支えられながら、生活も仕事も充実した日々を送っているそうです。

患者様のお話をしっかり聞き、深く関わることができる看護

家庭と仕事を両立するだけでなく、看護師としての仕事も充実!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  目次  

名港共立クリニック | 患者様お問い合わせ専用ダイヤル 0120-65-3120
〒455-0021愛知県名古屋市港区木場町8-202 Tel.052-698-3077 Fax.052-698-3166

Copyright © Meiko Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.