医療法人偕行会名港共立クリニック
お問い合わせ 地図・交通
透析医療事業部 看護師募集
フリーダイヤル0120-65-3120
 
 
超キレイな透析液と、経験豊かなスタッフが、快適な透析ライフを提供します。   シャトルバスのご案内
 
 
私たちのポリシー 超キレイな透析液 最新透析治療 高い治療効果 スタッフインタビュー 研究開発活動
 

HOME > スタッフインタビュー >柏木操さん[勉強したことが患者様のためになっている実感がある] < 前のページへ戻る



スタッフインタビュー

スタッフインタビューvol.44柏木操さん

勉強したことが患者様のためになっている実感がある

−透析看護のお仕事で求められているスキル、たとえば観察力、データを読みとる力、コミュニケーション力など、項目がどんどん増えているように感じるのですが。

(柏木さん)
確かにそうですね。
ただ、透析機器をセッティングして4時間の治療が終了すればいいという仕事ではありません。
患者様のお身体の状態が全員違いますし、若くてお仕事をされている患者様とご高齢の患者様では、必要な看護が異なります。

−そうなると、勉強していくことが大事だと思います。柏木さんはどのように勉強してきたのですか。

(柏木さん)
まず、勉強は自分でやるというのが基本ですね。
でも、一人の力だけではなかなか難しいので、名港共立クリニックのように勉強できる環境があるのはありがたいと思います。

−勉強できる環境というのは具体的にはどのようなものですか。

(柏木さん)
たとえば、外部の勉強会に参加することができるので、新しい情報を仕入れることができます。理解が深まりますし、ふだん自分がやっている仕事の意義・重要性をあらためて認識することができます。
自分一人での勉強では辿り着けないような奥深いことを知ることができます。

−名港共立クリニックさんという組織が、教育が重要だとお考えなのでしょうね。

(柏木さん)
それは感じます。
教育制度がしっかりしていますし、勉強できる環境を与えてくれていると思います。

−厳しい言い方ですが、その施設の看護師さんの質は、次の看護師さんの質に直結しているでしょうね。急に改善できるものではないように思います。

(柏木さん)
はい。素晴らしい先輩方もいますし、勉強の機会をたくさん用意してくれている素晴らしい環境ですから、あとは自分自身がしっかりと身につけていくことになります。
もちろん大変ですけれど(笑)、最終的には患者様のためになることですので頑張れるのかなと思います。

−患者様のためになるという実感がおありなのですね。

(柏木さん)
はい。実感がありますね。
勉強をきちんとしておけば、患者様にも説明できてご理解いただけます。そうすると、患者様も納得して安心して治療を受けたり、ふだんの生活に気を付けてくださいます。
そういったことの1つ1つが、私にとっての喜びだと思っています。

−それは素晴らしいですね。やりがいがありますね。

(柏木さん)
やりがいがありますね。
もちろん、わからないこともたくさんありますが、一緒に働いているみんなが教えてくれますし、助けてくれます。そういった意味でも仕事環境は大事だと思いますね。

−今日はありがとうございました。

(柏木さん)
こちらこそ、ありがとうございました。







名港共立クリニックの開院当初から透析看護に従事し、今年で10年目となる看護師・リーダーの柏木操さん。この10年間での透析医療の変化や、透析看護の実際についてお話をうかがいました。

質の高い透析医療に加えて、地域と連携して患者様をお支えすることが大切

勉強したことが患者様のためになっている実感がある



 

 

 

 

 

 

 


  目次  

名港共立クリニック | 患者様お問い合わせ専用ダイヤル 0120-65-3120
〒455-0021愛知県名古屋市港区木場町8-202 Tel.052-698-3077 Fax.052-698-3166

Copyright © Meiko Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.