医療法人偕行会名港共立クリニック
お問い合わせ 地図・交通
透析医療事業部 看護師募集
フリーダイヤル0120-65-3120
 
 
超キレイな透析液と、経験豊かなスタッフが、快適な透析ライフを提供します。   シャトルバスのご案内
 
 
私たちのポリシー 超キレイな透析液 最新透析治療 高い治療効果 スタッフインタビュー 研究開発活動
 

HOME > スタッフインタビュー < 前のページへ戻る



スタッフインタビュー

スタッフインタビューvol.45

永原愛美さん

平成28年8月から名港共立クリニックで働いている看護師の永原愛美さん。職場の仲間に支えられながら、生活も仕事も充実した日々を送っているそうです。

患者様のお話をしっかり聞き、深く関わることができる看護

家庭と仕事を両立するだけでなく、看護師としての仕事も充実!


スタッフインタビューvol.44

柏木操さん

名港共立クリニックの開院当初から透析看護に従事し、今年で10年目となる看護師・リーダーの柏木操さん。この10年間での透析医療の変化や、透析看護の実際についてお話をうかがいました。

質の高い透析医療に加えて、地域と連携して患者様をお支えすることが大切

勉強したことが患者様のためになっている実感がある


スタッフインタビューvol.43

柴田友香さん

名港共立クニックで働き始めて10年になる柴田友香さん。職場の特徴、透析看護の仕事としての魅力をお話ししていただきました。

患者様を理解することが、質の高い医療提供のための第一歩

名港共立クリニックは、互いに助け合うことができるチーム


スタッフインタビューvol.42

小嶺博樹さん

臨床工学技士になって5年目の小嶺博樹さん。ご自身の成長のために意識していることや、成長できる環境の条件は何なのか、お話しをうかがいました。

就職した理由は”目指したい臨床工学技士がいた”から

仕事上の良いコミュニケーションが自分を成長させてくれる


スタッフインタビューvol.41

黒田主任

平成28年1月に主任になった臨床工学技士10年目となる黒田ひろきさん。臨床工学技士というお仕事の魅力についてお聞かせ頂きました。

1つ1つ、毎日の仕事を丁寧に積み重ねていくことが大切

やりがいのある仕事だから10年間頑張れた


スタッフインタビューvol.40

只縄課長

偕行会グループの透析施設から名港共立クリニックへ移動となった只縄課長。実際に働いてみて分かった、質の高い透析医療が実現できている理由をお話して頂きました。

最先端の透析医療設備を活かしているのは”人の力”

あらためて感じる”感性を磨く事、敏感に察知すること”の大切さ


スタッフインタビューvol.39

伊藤恵利子さん

産休・育休を取得し、復帰して1年半となる看護師の伊藤恵利子さん。子育てのこと、透析看護のことについてうかがいました。

患者様の背景を意識して仕事をするようになった

子育てに理解があり、協力してもらえる職場


スタッフインタビューvol.38

斉藤翔子さん

総合病院で働いた後、転職して2年目を迎えている臨床工学技士の斉藤翔子さん。仕事もプライベートも、毎日が充実している理由を教えていただきました。

臨床工学技士にとってやりがいが大きい透析医療の仕事

名港共立クリニックは臨床工学技士も活躍している透析施設

新人の育て方が上手な医療施設は、患者様にとっても良い医療施設


スタッフインタビューvol.37

中村あおいさん

看護助手になって16年目となる中村あおいさん。看護助手という仕事の魅力や、具体的なお仕事内容についてお話しを伺いました。

人と人のふれあいがある、看護助手の仕事


スタッフインタビューvol.36

米川百合子さん

産休していた医療事務の米川百合子さんが1年半振りに職場復帰しました。明るい挨拶と笑顔で透析医療を支えています。

「おかえり!」と患者様やスタッフに声を掛けて頂いて嬉しかった

患者様の目線でお話しする、温かみのあるクリニック

スタッフインタビューvol.35

川岸めぐみさん

平成26年4月からリーダーとなって、現場をまとめている川岸めぐみさんに、リーダーとなってあらためて感じた名港共立クリニックの職場の良所をお話していただきました。

一緒に働く人たちのために、私に何が出来るのか?と考えた

患者様と関われば関わるほど喜びが深まる

スタッフ同士が信頼しあっている職場だと、あらためて実感した

スタッフインタビューvol.34

大須賀由江さん

病棟勤務時に透析治療に興味を持ったという看護師の大須賀由江さん。2年の勤務経験で感じた透析看護のお仕事についてお話していただきました。

患者様にご家庭で実践していただくための伝え方

患者様の人物像が見えてくる興味深い仕事

スタッフインタビューvol.33

苅谷琢磨さん

専門学校を卒業して、新卒で名港共立クリニックに入職した臨床工学技士の苅谷琢磨さん。就職先として選んだ理由や、実際に働いて感じたことをお話しして頂きました。

チャレンジできて、頑張った事を認めてもらえるのが嬉しい

患者様とのふれあいを、臨床工学技士の仕事に活かす

毎日楽しく仕事をして、レベルアップできる最高の職場

スタッフインタビューvol.32

岡田友貴さん

10年間のブランク後、名港共立クリニックに就職して2年が経った岡田友貴さん。復帰してあらためて感じた看護師の仕事のこと、家庭と仕事の両立についてお話をうかがいました。

恵まれた職場!転職して良かったと思います

透析は機械がする治療ではなく、人がする治療だとわかった

たくさんの専門家が、一人の患者様を支えている

スタッフインタビューvol.31

日置鮎美さん

看護師の日置鮎美さんに、仕事も生活も充実した毎日を送ることができている理由を教えていただきました。

透析医療での看護においても、看護師の仕事の基本は一緒

看護師としてのスキルアップ・キャリアアップにつながる透析施設

メリハリをつけて仕事ができるので、毎日が充実している

スタッフインタビューvol.30

山田真由美さん

10年以上、病院やクリニックでの看護師経験をした後、名港共立クリニックに転職して1年になる看護師の山田真由美さんに、初めて透析施設で働いた印象をお話して頂きました。

患者様を看ていく透析医療の仕事は、やはり看護の仕事

仕事をするなら看護師しかないとあらためて思います

スタッフインタビューvol.29

西田泰教さん

研究開発活動は苦しいという臨床工学技士の西田泰教さん。しかし、同時に「大きな喜び」を感じるそうです。その理由についてうかがいました。

名港での仕事にはプロフェッショナルとしての喜びがある

クリエイティブな発想を持って仕事をしていきたい

研究開発が良い治療方法を実現し、患者様の笑顔につながっている

スタッフインタビューvol.28

川岸めぐみさん

名港共立クリニック開院の年から6年間、中心的なメンバーとして働いてきた看護師の川岸めぐみさんに、これまでの経験を踏まえて”今、感じていること”をうかがいました。

本当の意味での”患者様のお姿”を看ることができるように

患者様のためにも、働く人にも”チームワーク”が大事

患者様とスタッフと、大切な時間を積み重ねていく魅力

スタッフインタビューvol.27

黒田ひろきさん

患者様に優しい笑顔で話しかけている姿が印象的な、臨床工学技士・黒田ひろきさんにお話をうかがいました。

もっと深く透析医療に携わりたいと考えて、名港共立クリニックに転職

トップクラスの透析施設で、自分自身もスキルアップしていきたい

スタッフインタビューvol.26

杉野いくよさん

4年の透析施設での勤務経験がある看護師の杉野いくよさんは、名港共立クリニックに転職して2年近くが経ちました。働きやすい職場で、仕事とプライベートのバランスがとれたライフスタイルとなったようです。

スタッフが助け合って仕事をしているので有給休暇が取りやすい

実際に働いてみて、透析医療の質の高さを実感

人間関係が良い職場で充実した仕事ができるから、定年まで働きたい

患者様が快適に充実した生活を送るための看護

スタッフインタビューvol.25

西田泰教さん

臨床工学技士の西田泰教さん。奥深いと感じている透析医療という分野を深く突き詰めていきたいそうです。

透析医療を深く突き詰めていきたい

患者様の体調をもっと良くするために、勉強ができるのが職場の魅力

ビジョンを持って仕事をして、後輩を指導していける力を身につけたい

スタッフインタビューvol.24

杉山里香さん

”看護師をしていない自分が想像できない”というほど看護師のお仕事が大好きな杉山里香さん。初めての透析施設勤務で新しいやりがいを感じはじめているようです。

患者様からの「ありがとう」の一言が何よりの力になります

初めての透析医療、治療の原理など基礎から学びました

医療の専門職同士がキャッチボールできる良い職場]

名港共立クリニックに転職して、良い意味で生活のリズムが変わった

スタッフインタビューvol.22

岩永倫未さん

前回のインタビューから1年が経った岩永倫未さん。さまざまな経験を積み重ね、看護師として大いにステップアップされているようです。

上申係という新しい役割をいただきました

助け合えるチームワークの良い職場ですから不安はありません

スタッフインタビューvol.20

柴田友香さん

名港共立クリニックに転職して初めて、透析医療を経験している柴田友香さんに、透析医療現場で働く魅力についてお話をうかがいました。

転職前に得た看護師としての知識や経験が活かせる透析医療

新しいことを学べたり実践できるのは新鮮

スタッフインタビューvol.19

倉田貴子さん

社会人として仕事に就くことをためらっていたという管理栄養士の倉田貴子さん。今、笑顔でやりがいをもって仕事ができている理由をうかがいました。

仕事は大変というよりも、楽しくて充実している気持ちの方が大きい

患者様の「食べたい!」と思う気持ちを大切にしたい

スタッフみんなと一緒に笑える時がとても多いことが幸せ

スタッフインタビューvol.18

上野順子さん

勉強会も学会も大好き!という臨床工学技士・リーダーの上野順子さん。技士の仕事のやりがいや喜びについてお話しをうかがいました。

日々の仕事の中でたくさん気がついて、問題を改善していきたい

仕事が楽しい!充実しています!

患者様が何の訴えもなく、安心して生活できる透析治療を実現したい

スタッフインタビューvol.16

岩永浩宜さん

名港共立クリニックで働きはじめて、あっという間に3年が経ったという岩永浩宜さん。「仕事の楽しさや喜びをどのようにして見つけたのか?」お話しをうかがいました。

チャレンジし続けた3年間。患者様のために更なる進歩を!

患者様にとって一番楽な透析治療を実現したい

さまざまな専門職がつながって、患者様を支えている透析医療
岩永浩宜さん

スタッフインタビューvol.15

吉川倫未さん

患者様へのやさしい笑顔が印象的な吉川倫未さん。透析医療現場で働く魅力についてお話しをうかがいました。

患者様の苦痛やストレスをできるかぎり無くすために

仕事環境を変えたい、スキルアップしたい人にオススメ
私が目指している透析医療

スタッフインタビューvol.12

本田里美さん

生活スタイルを変えたい!と、名港共立クリニックに転職なさった本田里美さん。 以前の勤務の大変さや、現在の生活、職場環境についてお話しをうかがいました。

いつ仕事が終わるかわからない三交替勤務を辞めたかった

名港共立クリニックで働きはじめて生活が変わった!

新人の私に、気持ちよい対応でサポートしてくれる職場

スタッフインタビューvol.11

本告明美さん

看護師歴25年という本告明美さんは偕行会グループで働いて11年。客観的な目線で職場や透析医療についてお話ししていただきました。

看護師にとって、いろいろな働き方の選択があっていい

仲間に守られて助けられたから、仕事を続けられた


スタッフインタビューvol.10

小出千加子さん

名港共立クリニックで働き始めて半年の小出千加子さん。 カラッと爽やかな職場で、いきいきと働いています。

もう1回だけ!就職して楽しく働きたい!

カラッと爽やかな職場。ミスをした人を責めたりしない。

スペシャルインタビューvol.1 田岡技士長

高品質で安全・安心の透析治療を提供し続けるために

患者様おひとり、おひとりに最適な最新の透析医療を提供するための透析スタッフの想い(スピリット)があります

透析治療は”人の目と気づき”が支えています

もっとも気を付けなくてはならない”気泡混入、失血、過除水、感染症”

自分の都合を捨て、最高のものを追い求める姿勢

スタッフインタビューvol.09

上野リーダー、岩永さん、黒田さん

名港共立クリニックの臨床工学技士さんのミーティングを見学後に、上野リーダー、岩永さん、黒田さんに、技士としてのやりがいや、働く場所として感じていること等のお話しをうかがいました。(2010年2月インタビュー)

自分で工夫して、良くしていくことができるので、やりがいがある

臨床工学技士としての提案しながら、医師・看護師として協力

気が付く!突破口が開ける!ミーティングの大切さ

スタッフインタビューvol.08

三輪尚史さん

三輪尚史さんに透析医療でのレントゲン技師さんの役割についてお話しをうかがいました。
レントゲン技師として、チーム医療の一員として働く喜びも大きなものがあるようです。

私たちはチームだ。誰一人欠けちゃいかん!

医療を支えているチームの一員だと実感できる

スタッフインタビューvol.07

佐藤院長

患者様の笑顔がいっぱいなだけでなく、スタッフがいきいきと笑顔で働く姿が印象的な名港共立クリニック。
透析医療現場を長く経験なさってきた佐藤院長に、透析医療におけるスタッフのあり方についてお話しをうかがいました。

自分の役割を再認識すれば、やる気が出て、仕事も楽しくなる

医者ひとりでは何もできない!チームワークが大事な透析医療

スタッフインタビューvol.03

柏木操さん

看護師歴25年の柏木操さん。透析医療に携わって2年半とのこと。
ベテラン看護師からみた、透析医療現場での看護師の仕事についてうかがいました。

保険・福利厚生等も充実した安心できる働き場所を探して

これまでのキャリアが壊れてしまうのではないかという不安

真っ白な気持ちで見た透析医療における看護師の仕事

転職をお考えの方にお伝えしたいこと

スタッフインタビューvol.02

川岸めぐみさん

看護師歴13年の川岸めぐみさんは、透析医療での看護経験は3年目になります。
総合病院の看護と透析医療の看護を比較して共通する点や違う点、なぜ透析医療を選んだのか等をうかがいました。

総合病院での仕事をやめた理由

また働きたい!透析医療での看護を選択した理由

助け合いをして休みをしっかり取ってます

聞きやすい&教えてもらいやすい仕事環境が◎二重丸です

仕事も充実、プライベートも充実のために大事なこと


スタッフインタビューvol.01

佐藤院長

やわらかな笑顔が印象的な佐藤院長は、透析医療に四半世紀も関わっている大ベテランです。
”人が支える”名港共立クリニックの高度な透析治療のリーダーは、患者様を中心にした”チーム医療”、最高レベルの施設を動かすのも”人”である という一貫した考えをもって、”患者様の快適な透析ライフのために”今も進化している医師です。
院長室はスタッフルームよりも狭い!(笑)
患者様とスタッフを何よりも大切にする佐藤院長らしいお部屋で、お話しを聞きました。

福岡県久留米市出身。
福岡大学 医学部卒業後、地元の古賀病院腎センターで約15年、水戸市の住吉クリニック病院に3年 勤務。
一貫して腎臓内科、とくに透析液の洗浄化とシャントPTAを専門として透析合併症の予防と治療に従事。
資格としては、日本透析医学会 評議員・認定指導医、日本アフェレシス学会 評議員・認定専門医など。


私が目指している透析医療

透析後が楽であったり、かゆみがなくなる理由

透析医療は”人”が支えているんです

患者様の体調管理のための高い対応力

超キレイな水は患者様のハッピーのために

医学的にみる椅子で行う透析治療のメリット
ストレスをできるだけ軽減することの重要性

偕行会グループ透析医療事業部のホームページでも佐藤院長が取り上げられています。
http://touseki.jp/movie-sato-top.html
ぜひ、ご覧下さい。

名港共立クリニック | 患者様お問い合わせ専用ダイヤル 0120-65-3120
〒455-0021愛知県名古屋市港区木場町8-202 Tel.052-698-3077 Fax.052-698-3166

Copyright © Meiko Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.