合併症対策シャント管理フットケア

透析医療の特徴【合併症対策】

消化器系疾患
維持透析をうけておられる方は、肝炎ウイルスに感染している割合が高く(一般の人の約10倍)、そのほとんどの方は慢性経過をたどります。そのために肝硬変や肝癌を発症する割合も高く(一般の人の約7倍)なると言われています。また、腎癌に関しては数十倍高い割合で発症します。 当院では消化器系悪性腫瘍の早期発見・早期治療のために定期的なスクリーニング検査に取り組んでいきます。

環器系疾患
維持透析をうけておられる方は、常に体液量が過剰であり、また血管の石灰化がおこりやすいため動脈硬化が進んでいます。そのために冠動脈(心臓の血管)もつまりやすく、狭心症や心筋梗塞になる割合が高く(一般の人の約10倍)なります。そして、特に糖尿病の方は感覚神経機能が低下しているために、冠動脈がつまっていても症状(胸の痛みなど)が伴わないことがあるためにとても危険です。
当院では循環器系疾患の早期発見・早期治療のために定期的なスクリーニング検査に取り組んでいきます。

超音波診断装置の導入

当院では消化器系・循環器系疾患の合併症対策のため、最先端技術のフルデジタル超音波診断装置(東芝超音波診断装置 Nemio-XG)を設置しております。(1階診察室)
超音波診断装置は、探触子(プローブ)を体表に当てるだけで、苦痛もなく体内臓器の形態・動態や血流の情報をリアルタイムでモニターに表示することが出来ます。特にこの装置は最新のデジタル技術により、細かく・正確に体内を描出することが可能で消化器系・循環器系疾患の他、頚動脈や下肢動脈などの血管系疾患も的確に見つけ出すことが可能です。
患者様は他の病院へ検査のために出かけることなく、当院で合併症対策の定期的なスクリーニング検査を受けていただけます。

超音波診断装置の導入