医療事務・中島麻衣さん

(2)患者様からの「ありがとう」をたくさん聞くことができる医療施設

くわな共立クリニックの開院以来ずっと、患者様とスタッフを支え続けている医療事務の中島麻衣さんに、お仕事や職場の魅力についてうかがいました。


(1)患者様の安全をお守りすることも役割のひとつ

(2)患者様からの「ありがとう」をたくさん聞くことができる医療施設

−くわな共立クリニックさんで医療事務のお仕事をしようと思った理由は何ですか。

(中島さん)
もともとは医療関係でなく、事務系でもない仕事をしていました。
全くやったことのない医療事務に興味を持って勉強していた時、親族で透析治療を受けていた人がいたこともあって、透析施設で働いてみようと思いました。
くわな共立クリニックで働き始めた頃は、毎日毎日、今まで以上に緊張していました。

−緊張の毎日の中で、支えになったことは何ですか。

(中島さん)
ある日、患者様が「中島さんを見てると、元気になるよ」と仰っていただいたんです。
すごく、すごく、励みになりました。
患者様が私に話しかけてくださって、スタッフの皆さんも私に気を遣ってくれて・・・本当に皆さんに支えていただきました。

−長い間働いてきて、嬉しいことは何ですか。

(中島さん)
クリニックで働く一員としては、皆さんの努力で地域に認められて、多くの患者様が安心して透析治療を受けていただける施設になったことが嬉しいです。個人的には、患者様やスタッフのために出来ることが増えたことが嬉しいです。
それと、職場の明るい雰囲気が変わらないことが嬉しいです。
開院からずっと変わらない雰囲気で、患者様からも「(スタッフが)いつも明るくていいね」とお褒めいただいています。

−一緒に働いている皆さんの素晴らしい点を1つあげるとすると何ですか。

(中島さん)
私は、医療のことはわからないのですが、患者様からの「ありがとう」というお言葉をたくさん聞くことができる医療施設だと感じています。
どんなに忙しい時でも「患者様がお困りになっているかもしれない」と感じたら、スッと近づいてさりげなく助ける光景をたくさん見てきました。本当に些細なことにも気付くことが出来るスタッフばかりだと思います。
患者様はお帰りになる時も「今日もありがとうね」と仰ってくださいますが、こちらこそ本当に感謝していて「患者様のためにもっと頑張ろう」と思います。

−患者様の「ありがとう」が原動力なのですね。

(中島さん)
はい。患者様のお気持ちに応えたいと思います。
これからも(くわな共立クリニックで)働いて、患者様と一緒に居て、ずっとお手伝いできればと思います。

−患者様も、中島さんがずっと働いてくれることを望んでいるでしょうね。今日はありがとうございました。

(中島さん)
ありがとうございました。