看護師・長谷川晴子さん

(3)知識を習得して、プライドを持って看護の仕事をしているスタッフ

くわな共立クリニックで働いて半月(インタビュー当時)の看護師の長谷川晴子さんに、転職した理由、実際に働いてみて感じた率直な感想をお話ししていただきました。


(左)水谷さん (右)長谷川さん

(1)勉強が出来て、子育てと両立出来る職場環境

(2)しっかり学べる環境なので、知識不足で不安を感じることは無い

(3)知識を習得して、プライドを持って看護の仕事をしているスタッフ

−面接の時に感じた、くわな共立クリニックさんで働く人たちの”感じの良さ”はどのような点だったのでしょうか。

(長谷川さん)
うまく言えないのですが、上から目線でなくて、腰が低い方々だと感じました。
それと、ただ見学をして説明を受けるだけではなく、私の話をしっかりと聞いてくれました。
思いがけず話しがはずんで、長い時間になってしまいました(笑)

−お話しすると疑問点がクリアになりそうですね。

(長谷川さん)
そうですね。
勤務時間のことや夜の勤務の回数なども質問しましたが、しっかりと答えてくださって安心しました。
その後、家族と話し合って1週間ほど悩みましたが、転職することに決めました。

−透析医療での看護についての印象はいかがですか。

(長谷川さん)
機器の操作や処置が中心の仕事だと考えていたのですが、実際は違いました。
患者様とお話しをしながら、じっくりと関わっていける仕事だと感じています。私自身、患者様と時間をかけて関わりたいと考えていますので、自分の考えと合っていると思います。
また、先輩の仕事ぶりを見ていて、短い時間でも患者様と深く関われる技術があることを知って、とても勉強になっています。いろいろな興味がわいています。

−くわな共立クリニックの看護師さん達の素晴らしい点は何ですか。

(長谷川さん)
知識をしっかりと習得して、プライドを持って看護の仕事をしていると感じます。
私にも「何でも聞いてね!」と言ってくれます。そう自信を持って言えることが、すごいと思います。
それと、くわな共立クリニックで提供している医療に自信があるのだろうと感じます。

−長谷川さんが良い形でお仕事ができているのは、同期の水谷さんの存在も大きいでしょうね。

(長谷川さん)
すごく大きいです。
初日は体が疲れて、頭も一杯一杯になって心が折れそうになってしまったのですが、水谷さんと話したら「明日もがんばろう」と思えました。
「水谷さんがいてくれて良かった」と心から思いました。

−水谷さんの素晴らしいのは、どのような点ですか。

(長谷川さん)
いろいろなことを受け入れてくれる優しい方です。水谷さんが本心を言ってくれるので、私も言いやすいです。何でも話しやすくて本当に同級生みたいです。

−転職して良かったですか。

(長谷川さん)
転職して良かったです。
体も頭もすごく疲れることがありますし、失敗して落ち込むこともあります。
でも、転職して良かったなと思います。

−毎日が充実しているからこそのお言葉でしょうね。今日はありがとうございました。

(長谷川さん)
ありがとうございました。