看護師・荒主任

(1)丁寧に教えることで安心して働いてもらえる、私もたくさんのことを学べる

開院当初からくわな共立クリニックで働いている看護師の荒主任に、この5年間をふり返っての、クリニックとご自身の変化と成長をテーマにお話しを伺いました。

(1)丁寧に教えることで安心して働いてもらえる、私もたくさんのことを学べる

(2)スタッフが持つ、数多くの医療分野での知識と経験を活かしているクリニック

(3)私自身がもっと成長して、皆さんのお役にたてるようになりたい

−こんにちは。よろしくお願いします。

(荒主任)
こんにちは。よろしくお願いします。

−主任さんになられて約1年と伺いました。主任さんになって何が変わりましたか。

(荒主任)
主任になる前は患者様のことだけを考えて、日々の看護業務をしていました。
主任になってからは、全ての患者様のことを把握することだけでなく、スタッフみんなが働きやすい環境を作ることや、スキルアップのための教育、スタッフの体調についても気に掛けるようになりました。

−さまざまな事を気に掛ける、アンテナを張り巡らすというのが大事な役割なのでしょうね。

(荒主任)
そうですね。
まだまだ十分に出来ていませんが、患者様とスタッフのことを見て、お話しを聞いてと、常に気に掛けているつもりです。自分が何か他の仕事をしていても常に気になります(笑)

−一緒に働いているスタッフさんの長所も、さらに見えてくるように思います。

(荒主任)
はい。あらためて気が付く事が多いです。
長年一緒に働いていたスタッフについても、まだまだ知らないことがありました。

−職場をまとめる立場として、くわな共立クリニックの強みはどのような点だとお考えですか。

(荒主任)
スタッフ同士が仲が良いのは、くわな共立クリニックの強みだと思います。
もちろん、仕事中は私語は慎んで業務に集中するのは当然ですが、ちょっとした時間の世間話しや家庭や子どものことでコミュニケーションがとれるので、役職の上下に関係なく楽しく仕事ができる良さがあります。
そういった職場の雰囲気が、仕事中に声をかけあったり、意見を活発に交すことに繋がっていると思います。

−くわな共立クリニックで働き始めて5年経ってみて、仕事のやりがいを感じる部分に変化はありましたか。

(荒主任)
主任になっても現場での仕事は変わっていないので、やりがいを感じる部分も変わっていません。
仕事上で変わった部分は、くわな共立クリニックで働かせて頂いた5年間に得た知識や技術を、新しく入ってきたスタッフに教える立場になったことですね。教えることの難しさを感じますが、やりがいもあります。
それから、少しずつ患者様の生活が見えてきた感じもします。とくに、患者様への指導といった部分で、私なりの理解が進んだこともあって、以前よりわかりやすく説明ができるようになってきたと感じています。

−患者様の生活が見えると、説明が具体化するのでしょうか。

(荒主任)
そうですね。
働き始めた頃は、患者様の体重が増えると「なぜ、こんなに体重が増えてしまうのか?」と疑問に思って、患者様に食事の改善をうながすような指導ばかりをしてしまうことがありました。今は、たとえば一人暮らしの方でしたら、食事を作るのが大変だから食事管理は厳しくしないで、出来る事からアドバイスをしようと考えるようになりました。
穿刺についても、自分の感覚で出来ていた事については、どうアドバイスしたらいいのか迷う事が多かったのですが、角度や深さなど、相手がわかるような言葉で話す事ができるようになりました。
そういう積み重ねがあったので、若いスタッフが以前の私と同じように困っている時に、アドバイスができるようになってきたと思います。

−人の成長をお手伝いができる役割はやりがいがありますね。

(荒主任)
はい。一緒にやってみて出来ると、自信を持ってくれることが嬉しいです。
そうしたら、次からは一人でやってみようと思ってくれます。
穿刺を教えたスタッフが「荒さんが後ろにいてくれると安心して穿刺が出来ます」と言ってくれたことがあります。「私ももっと頑張って、もっとわかりやすく教えられるようになろう」と思いました。
そうやって、きちんとサポートすることで安心して働くことが出来るのだと学ぶ事ができました。
くわな共立クリニックで5年間働いてきて、たくさんのことを学ばせて頂きました。