山本 課長

(1)みんなで考えて、みんなで働きやすい環境を作りたい

くわな共立クリニックの患者様からも、働いているスタッフからも「話しやすい、聞きやすい雰囲気が良い」という声が聞かれます。その理由は何でしょうか?クリニック全体をまとめている山本課長にお話をうかがいました。

(1)みんなで考えて、みんなで働きやすい環境を作りたい

(2)自分の考えを理解してもらう事が次へのスキルアップにつながる

(3)スタッフみんなで支え合っているから乗り越えられる

−こんにちは。よろしくお願いします。

(山本課長)
こんにちは。よろしくお願いします。

−山本課長は現在は管理職という立場ですが看護師さんでもあります。一人の看護師さんとしてはどのような職場で働きたいとお考えですか。

(山本課長)
一言で言うと「楽しく。厳しく。」という感じですね。
そして働く場所とは、人から押さえ付けられたり、人に押し付けることではないと思います。実際に働いている人たちで作り上げるものだと思いますね。
そして「みんなで考えて、みんなで働きやすい環境を作りたい」と思っています。

−「みんなで考えて」というのは難しいこともあるのではないかと思います。

(山本課長)
はい。判断が難しいことや困ってしまったことは、最終的には私の判断で決まることもあります。
しかし、スタッフには遠慮無く意見を出して、十分に話し合ってもらいたいです。

−それは何故ですか。

(山本課長)
指示されたことだけやっていても「やらされている感」があって楽しく仕事ができないと思います。
スタッフそれぞれが「こういう風にした方が働きやすい」「こうした方が患者様にとっては良いのではないか」と声に出してもらって、それを1つの案として検討していきたいです。一部の声だけで動かそうとすると、動き方が偏ってしまって好ましくない方向に行くこともあるかもしれません。
ですから、スタッフが意見を出しやすいような雰囲気を作るのが私の役目の1つだと思っています。

−患者様からもスタッフの皆さんからも「話しやすい、聞きやすい」という声がたくさん聞かれます。

(山本課長)
嬉しいです。私は管理者ではありますが、その前に看護師としてスタッフと近い位置で一緒に働きたいと思っています。
スタッフにとっては管理者という事がどうしても離れないのかもしれませんが(笑)、思う事を話しかけてくれると嬉しいなと思っています。