小林清美

(1)患者様からの”みんなと話しができるから楽しいよ”という言葉が嬉しかった

透析医療経験がなかった看護師・小林清美さんですが、1年半たって透析医療現場でのお仕事の喜びを実感されているようです。
*腹膜透析外来での小林さんのお話についてはこちらをご覧下さい

(1)患者様からの”みんなと話しができるから楽しいよ”という言葉が嬉しかった

(2)スタッフ同士が教えあって、みんなでスキルアップできる職場

−こんにちは。よろしくお願いします。

(小林さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−透析医療のお仕事のご経験は何年ですか

(小林さん)
くわな共立クリニックでのお仕事が初めての経験になります。(入職して)1年半ぐらいですね。
腹膜透析外来も担当させていただいていますが、看護学校で少し勉強したくらいで、病棟に勤めていた時も(透析治療を)見たことがなかったです。

−とまどいもあったと思いますが、お仕事で嬉しかったこともありましたか。

(小林さん)
ありました。
患者様に「ここに来るのはそんなに苦痛じゃないよ。仕事と思って来るよ。ここならみんなと話が出来るから楽しいよね。」とおっしゃっていただくことがあったので、とても嬉しかったです。

−週3回の治療となると、お気持ちの部分も大事なのでしょうね。

(小林さん)
もし、私が透析治療をすることになったら・・・と考えてみました。週に3回きっちりと通院して痛みを伴うこともあります。でも、生命のためには必要な治療ですから、通院して透析治療を受けなければなりません。患者様のお気持ちとしては億劫になりやすいと思います。
そういう患者様のお気持ちを考えると”少しでも患者様のお気持ちが楽になれば”と思って仕事をしています。

−患者様もお喜びでしょうね。

(小林さん)
腹膜透析で1週間に1回おみえになっている患者様が「(くわな共立クリニックの)みんなに会える。会って話しが出来るのを家族も楽しみにしてますよ」とおっしゃってくださいました。本当に良かったと思います。

−病棟で働いていた時の喜びとは、また別の喜びがあるのでしょうね。

(小林さん)
そうですね。
入院している患者様が退院される時に「(あなたで)良かったわ。ありがとう。」とおっしゃっていただいた時にもとても嬉しかったですね。
透析治療の場合は、日々の様子を継続的にみることが出来ます。特に状態が良くなったときは嬉しいですね。