佐藤 由美子

(2)透析施設のイメージが大きく変わりました

通勤時間を短くしたい!という理由で転職なさった佐藤由美子さん。看護師としての仕事の楽しみ、やりがいも見つけているようです。

(1)不安と緊張でいっぱいのスタート!スタッフからの声がけに助けられました

(2)透析施設のイメージが大きく変わりました

(3)透析施設は看護師としてスキルアップができる職場です

−通勤時間を短くしたいというご希望で転職なさった佐藤さんですが、看護師として透析医療について興味がわいてきたことは何ですか。

(佐藤さん)
食事・水分制限や採血の結果などを踏まえた日常生活等についての患者様への指導方法や、患者様との関わり方について興味を持っています。

以前は脳外科に勤めていまして、寝たきりの方など意思疎通を図るのが困難な患者様への看護が中心でした。
透析施設の患者様は、皆さんしっかりしておみえで、自分の意見もお持ちですし、ご自分の生活スタイルについてもご希望があります。
患者様のお考えを第一しながら、看護師としてどのように伝えていくのかというのは難しいですが、興味深いことです。

−自己管理のための指導というのは、入院患者様とは違った難しさがありそうですね。

(佐藤さん)
指導の仕方によって患者様の意識が変わってくるので大事なことだと思います。
そして、自分自身の知識が備わっていないといけないので勉強の重要性も感じています。
患者様それぞれで指導する内容も方法も違うので大変ですが、やりがいもありますね。

−どういう形でお勉強なさるのですか。

(佐藤さん)
先輩の看護師さんはコミュニケーションをとるのが上手ですので、その様子をみて勉強しています。
知識面では、栄養士さんなどの他専門職の人に教えてもらったり、勉強会にも参加しています。

−勉強するのに良い環境なのですね。

(佐藤さん)
そうですね。
私の知らない情報がたくさんあるので頑張ろうと思います。

−先ほど、以前は透析施設で働くことについて、悪い想像ばかりしていたというお話しがありました。

(佐藤さん)
透析施設に対してのイメージが全く変わりました。
今は、すごく良いイメージを持っています。

−具体的にはどのように変わったのでしょうか。

(佐藤さん)
たいへんに失礼なのですが、働く前は「慢性疾患をおもちの患者様は、病気と長くおつきあいになっているためにネガティブな思考になりがちで、看護師としてもおつきあいが難しい」というイメージをもっていました。
実際に、以前の職場の同僚からも同じような話しを聞いていました。

−実際は違いましたか。

(佐藤さん)

まったく違いますね。
クリニックの雰囲気も明るいですし、患者様も前向きです。

−患者様との関わり方についても違いはありますか。

(佐藤さん)
透析施設では、患者様と看護師との距離がぐん!と近いですね。
患者様の生活についてもお話しを聞いたり指導しますし、いつも顔をあわせていますので、必然的に距離も近くなっているのかもしれません。
毎日、楽しくお仕事をさせていただいています。