災害が発生した際の情報源について

本ページは災害が発生した際に役立つ情報源をまとめたものです。いざ!という時に活用できるように、普段からのご準備をお願いします。なお、災害発生後に情報を更新でするものではありませんのでご了承ください。

 

災害伝言ダイヤルの利用方法

→印刷用のPDFファイルはこちらです。ご活用ください。

★くわな共立クリニックからの伝言を確認する場合★

(1)災害用伝言ダイヤル『171』をダイヤル
【ガイダンス】こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです。 録音される方は1、再生される方は2、暗証番号を利用する録音は3、暗証番号を利用する再生は4をダイヤルしてください。

(2)再生『2』をダイヤル
【ガイダンス】被災地の方はご自宅の電話番号、または、連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。

(3)当院の電話番号『0593763030』をダイヤル
【ガイダンス】電話番号0593763030の伝言をお伝えします。 プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の1のあと#を押してください。 ダイヤル式の方はそのままお待ちください。 なお、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直しください。 新しい伝言からお伝えします。

(4)当院からの伝言が流れる
「こちらはくわな共立クリニックです。・・・・・・」内容を確認してください。


 

災害時の透析施設の探し方

大きな災害が起こり、当クリニックの被災状況により透析医療の提供ができなくなった場合は、患者様および家族の皆様で透析できる病院を探していただき、透析治療を受けていただくことになります。

→災害時の透析施設の探し方について説明します。ダウンロード&印刷して保管ください。

 

 

透析患者情報カードについて

当院では、緊急時に備え、透析患者情報カードの作成を行っています。このカードには患者様の氏名・住所・電話番号・緊急連絡先の他、現在行っている透析治療の内容が記載されています。 患者様の情報を記載した状態で、患者様にお配りしています。
ご家族の方、支援してくださっている方は、患者様にこのカードを持っているか確認していただければ幸いです。
→透析患者情報カードの説明と、患者様へお願いしている内容はこちらでご覧いただけます