シャントセンター

〜シャントでお困りの方はお気軽にご相談ください〜

長い間、透析治療により繰り返し使われたシャントは、血管の内側が細くなったり(狭窄)、血の塊(血栓)などでつまったりして、透析が良好に行なわれなくなってしまうことがあります。
そのため、シャントの閉塞や狭窄に早急に対応します。
他院で透析治療を受けている方も、お気軽にご相談ください。

手術内容

<シャントPTA>
風船のついたカテーテルを血管に挿入し、血管の細くなっている部分を広げます。
風船治療を積極的に取り組むことにより、同じシャントを詰まらせず、長持ちするようにしています。
<血栓除去術>
シャントが詰まってしまっても、カテーテル治療で血栓を溶かしたり(血栓溶解療法)血栓を吸引して除去すること(血栓吸引除去療法)が可能です。