看護のチカラ
偕行会セントラルクリニック 名港共立クリニック 海部共立クリニック 偕行会リハビリテーション病院 安城共立クリニック 碧海共立クリニック 豊田共立クリニック
半田共立クリニック 瀬戸共立クリニック 静岡共立クリニック 城北共立クリニック 掛川共立クリニック 駒ヶ根共立クリニック 駒込共立クリニック
豊島中央病院 さいたま ほのかクリニック くわな共立クリニック 中津川共立クリニック      
「看護のチカラ」トップページ > 9.よくあるご質問
  < 前のページへ戻る

9.よくあるご質問

Q1.子育てのために8年間、看護師業務をしていません。それでも看護師の仕事に戻れるのでしょうか?

Q2.日曜日がお休みとのことで透析施設で働きたいと考えていますが、看護師としては技術力が落ちてしまうのでは?と心配です。透析施設以外で働けなくなってしまうということはありませんか?

Q3.透析施設で働いた経験も、透析治療の知識もありませんが大丈夫でしょうか?

Q4.日曜日がお休みで残業がないと透析施設で働きたいと思っています。でも、透析医療のことは何もわかりません。働けるのでしょうか?

Q5.まだ、子どもが小さく、預ける場所もないために、急に風邪を引いたりした場合には、お仕事をお休みしなくてはなりません。そのような形でも働いていけるでしょうか?

Q6.看護師の仕事は大好きですが、働く時間も長く、不規則な生活のため疲れ切っています。働き方を変えたいのですが、そのような理由で転職していいものか悩んでいます。

Q7.転職をしたいのですが、現在勤めている医療施設のことも大事にしているので、無理な時期にやめることもしたくありません。転職の相談にうかがいたいのですが、秘密は守って頂けますか?

Q8.今後、勉強をして資格を取得していきたいと考えています。資格取得などの支援策などもありますか?

Q9.現在休業していますが、看護師としてまた働きたいと考えています。ただ、以前の職場で人間関係がうまくいかなかった経験があるために、踏み切れないところがあります。できれば見学などをしたいのですが可能でしょうか?

Q10.これから結婚もして、子どももほしいと思っていますが、仕事も続けられたらと考えています。育休などは取得できるのでしょうか?

Q11.パソコンでの電子カルテを覚えることに不安があります。

Q12.機械が苦手で、自信がまったくありません。

Q13.以前、先輩看護師から透析を受けている患者様とのコミュニケーションは難しいということを聞いたことがあります。人見知りの私に勤めるのか不安です。


Q1.子育てのために8年間、看護師業務をしていません。それでも看護師の仕事に戻れるのでしょうか?

はい。ご本人のやる気さえあれば大丈夫です。
当グループでは新人教育に特に力をいれており、看護師経験の浅い方も、お仕事をお休みされてブランクのある方も、イチから最先端の透析医療と看護技術を学ぶことができます。
透析医療では、さまざまな合併症を抱える患者様の看護のために、透析医療以外での看護経験を活かすことができます。
ぜひ、あなたの経験を活かしてください。
【参考】くわな共立クリニック 看護師・古江さんインタビュー
【参考】名港共立クリニック 看護師・小出さんインタビュー
【参考】豊田共立クリニック 看護師・野尻さんインタビュー


Q2.日曜日がお休みとのことで透析施設で働きたいと考えていますが、看護師としては技術力が落ちてしまうのでは?と心配です。透析施設以外で働けなくなってしまうということはありませんか?

病棟や手術室での看護師業務とは異なりますので一概には比較できませんが、透析医療における看護も「透析看護認定看護師」という資格があるように、専門的でスキルが必要な看護分野であるといえます。
とくに、昨今は専門性が重視されており、また高齢者が多い透析医療での看護では、透析以外にも幅広い知識も求められます。今後の超高齢化社会の看護という点でも、今後のキャリアに役立つのではないかと思います。
また、当グループには、病棟などで豊富な経験をもった看護師さんが転職されてきますが、多くの方から「透析施設で働くことは、看護師の基本の1つである患者様を観察する力や、コミュニケーション技術が磨かれる」という感想をいただいています。病棟や外来ではなかなか磨くことが出来ない看護師としてのスキルも磨けるものと思います。


【参考】くわな共立クリニック 看護師・佐藤さんインタビュー
【参考】名港共立クリニック 看護師・吉川さんインタビュー
【参考】海部共立クリニック 看護師(主任)・森さんインタビュー
Q3.透析施設で働いた経験も、透析治療の知識もありませんが大丈夫でしょうか?

はい。大丈夫です。
偕行会グループでは、グループ全体、そして各クリニックでの教育カリキュラムがしっかりと確立されています。高度な透析医療を行っている偕行会グループの透析医療を身につけて下さい。
あなたのスキルアップ、キャリアアップにつながることを確信しています。
もし、あなたが看護師としての経験があるのでしたら、ぜひ、そのご経験をお役立ていただきたいとも希望しています。


【参考】瀬戸共立クリニック 看護師・会沢さんインタビュー
【参考】偕行会セントラルクリニック 看護師(主任)・榊原さんインタビュー

Q4.日曜日がお休みで残業がないと透析施設で働きたいと思っています。でも、透析医療のことは何もわかりません。働けるのでしょうか?

はい。問題なく働けます。 透析医療の経験がない方が数多く転職なさってきている実績があります。
当グループでは新人教育に特に力をいれており、看護師経験の浅い方も、お仕事をお休みされてブランクのある方も、イチから最先端の透析医療と看護技術を学ぶことができます。
また、プリセプター制度を取り入れたり、施設全体で新人さんを支援していく体制が整っています。
【参考】豊田共立クリニック 看護師・鈴木さんインタビュー


Q5.まだ、子どもが小さく、預ける場所もないために、急に風邪を引いたりした場合には、お仕事をお休みしなくてはなりません。そのような形でも働いていけるでしょうか?

はい。大丈夫です。
偕行会グループの透析施設では、子育て中の方がたくさん働いています。また、子育てが終わった方もいますので、子育てについては理解がある施設と思います。
スタッフの助け合いが必要です。他のスタッフがあなたと同じ状況になった場合は、あなたが是非サポートしてあげてください。それが大切なことだと考えています。
よろしくお願いします。
【参考】瀬戸共立クリニック 看護師・小栗さんインタビュー


Q6.看護師の仕事は大好きですが、働く時間も長く、不規則な生活のため疲れ切っています。働き方を変えたいのですが、そのような理由で転職していいものか悩んでいます。

良いのではないでしょうか。
あなた自身が大変なことになる前に、一度、働き方を変えてみるのは大事なことだと思います。ずっとハイペースで働き続けなくても、一度ペースダウンしてみてもいいと思います。
実際に偕行会グループに転職されてくる方にも、あなたのような方はたくさんいらっしゃいます。
透析医療も新しいスキルを身につけるチャンスがたくさんあります。転職を検討されてみてもいいと思います。
【参考】名港共立クリニック 看護師・本田さんインタビュー


Q7.転職をしたいのですが、現在勤めている医療施設のことも大事にしているので、無理な時期にやめることもしたくありません。転職の相談にうかがいたいのですが、秘密は守って頂けますか?

はい。個人の秘密については厳守いたします。
働く時期については、個別にご相談を承ります。


Q8.今後、勉強をして資格を取得していきたいと考えています。資格取得などの支援策などもありますか?

はい。あります。
スキルアップしていただくことは、患者様のためになることですから、ぜひ支援をしていきたいと考えています。具体的な支援策については、面接時などにご質問ください。


Q9.現在休業していますが、看護師としてまた働きたいと考えています。ただ、以前の職場で人間関係がうまくいかなかった経験があるために、踏み切れないところがあります。できれば見学などをしたいのですが可能でしょうか?

ぜひ、施設内を見学なさってみてください。
偕行会グループの施設は、人間関係の良い職場だと自負しております。その理由は、スタッフが患者様のために一生懸命に働いているからだと思います。スタッフそれぞれの考えもあるかと思いますが「患者様にとって最善なことは何か」が大切なことであり、スタッフの「人間関係が悪い状況では、よい医療を提供できない」のではないでしょうか。ぜひ、施設をご見学されてみてください。

【参考】名港共立クリニック 看護師・本告さんインタビュー
Q10.これから結婚もして、子どももほしいと思っていますが、仕事も続けられたらと考えています。育休などは取得できるのでしょうか?

はい。育休を取得していただけます。
偕行会グループの透析施設では、たくさんの方が育休を取得して、職場に復帰なさっています。中には、1施設で6人ものスタッフが育休をとっていたこともありますし、男性スタッフも育休をとっています。
【参考】碧海共立クリニック 看護師・有馬さんインタビュー
Q11.パソコンでの電子カルテを覚えることに不安があります。

導入時には、現スタッフも不安をもって始めていますが、操作を覚えているので大丈夫だと思います。
一般的な文字入力ができれば十分に使うことができるように使いやすくなっています。今後は電子カルテでの仕事が主流になっていきますので、この機会に習得されてみてください。
【参考】瀬戸共立クリニック 看護師・近藤さんインタビュー
Q12.機械が苦手で、自信がまったくありません。

機械が得意な看護師さんは、あまりいないと思われます。大丈夫です。
グループ全体、そして各クリニックでの教育カリキュラムもありますし、現場では最初の1〜3ヶ月はマンツーマンで先輩が指導します。
さらに、偕行会グループの機器は、最新のものですので、人間のエラーを防止する安全対策がしっかりととられています。
そして、これがもっとも大事かもしれませんが、スタッフ間で「教えあう雰囲気」がとてもあります。
偕行会グループのスタッフは、ひとりが知識を占有しても患者様のためにならないことを理解しています。
安心して学んで下さい。
【参考】安城共立クリニック 看護師・北村さんインタビュー
【参考】安城共立クリニック 看護師・竹之内さんインタビュー


Q13.以前、先輩看護師から透析を受けている患者様とのコミュニケーションは難しいということを聞いたことがあります。人見知りの私に勤めるのか不安です。

その先輩看護師さんが、どのような理由で難しいとおっしゃったかわかりませんので、当方の考えをお話しします。
透析医療は、患者様が週3回おみえになり、1回4時間の治療をお受けになります。ずっと長いお付き合いになります。患者様は透析治療などにも詳しく、自己管理やご自分の体調や数値について詳しい方もおみえで、新人の看護師よりも透析治療について詳しいこともあります。
患者様とのコミュニケーションは深くなるため、ご質問のような印象をもつ方もいらっしゃるのかもしれません。
逆にいえば、お付き合いが長いので、あせらずにじっくりと信頼関係を結んでいくことができます。そういった意味では、人見知りの方にこそ適した職場なのかもしれません。
また、各施設では、新人看護師には先輩看護師がついて患者様へ挨拶に回ったり、患者様との間に入るなどをして、患者様にとっても新人看護師にとっても良い形でスタートできるように配慮しています。
転職された方からは「透析施設で働くことは、看護師の基本の1つである患者様を観察する力や、コミュニケーション技術が磨かれる」という感想をいただいています。あなたも新しいスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。
【参考】偕行会セントラルクリニック 看護師・澤田さんインタビュー
【参考】安城共立クリニック 看護師・山口さんインタビュー