看護のチカラ
偕行会セントラルクリニック 名港共立クリニック 海部共立クリニック 偕行会リハビリテーション病院 安城共立クリニック 碧海共立クリニック 豊田共立クリニック
半田共立クリニック 瀬戸共立クリニック 静岡共立クリニック 城北共立クリニック 掛川共立クリニック 駒ヶ根共立クリニック 駒込共立クリニック
豊島中央病院 さいたま ほのかクリニック くわな共立クリニック 中津川共立クリニック      
「看護のチカラ」トップページ > 透析医療事業部・管理部長 熊澤ひとみさん
  < 前のページへ戻る

(7)パンフレットなどの制度説明にはない”働きやすさの秘密”

−生活とのバランスを考えて転職される方も多いようですね。

(熊澤さん)
はい。
当直の仕事がないので、子育てが終了して、そろそろ常勤で働きたいなという方には、選択の1つになっていると思います。
ですから、子育て中というスタッフが多く、子どもの急な病気でもカバーしあっています。

−素晴らしいチームワークですね。

(熊澤さん)
「仕事が落ち着いたら家に帰っていいよ。あとはみんなで調整するから」という雰囲気がありますね。
私自身もそうしてもらってきたので、次はそれを「お返しする番」という意識があります。

−決まり事があるからカバーできているわけではないのですね。

(熊澤さん)
個々の現場でそうなっていますね。
私も、入った頃は独身で、結婚して子どもが生まれて・・・という中で仕事をしてきました。周りにすごく助けられてきました。ですから、私自身も協力したいと思っています。
お母さん方には、とても働きやすい職場だと思います。

−これから結婚を考えているので、こちらに転職をしましたという方もいらっしゃました。

(熊澤さん)
そうなんですか!とても計画性がある方ですね(笑)
とにかく、偕行会グループは働きやすいと思いますね。

−子育てが終わった世代の方から「これから思う存分仕事をして、スキルアップ、キャリアアップもしたい」という声も聞かれました。

(熊澤さん)
その人の考えは、すごくわかります。
女性の課長さんがたくさんいますが、ここで働きながら子どもを産んで、キャリアアップしている方が多いです。
身近にそういう人がいるのは、よい目標になるのではないかと思います。

−決まり事でなく、皆さんの意識で良い形になっているのですね。もう「文化」といえるのかもしれませんね。

(熊澤さん)
確かにそうかもしれません。
スタッフみんなで培ってきたものです。
それが、パンフレットなどの制度説明にはない「働きやすさの秘密」ですね。

−確かに!そして、それは揺るがない強い文化のようですね。今日は、長時間にわたりありがとうございました。

(熊澤さん)
いえ。こちらこそ、ありがとうございました