看護のチカラ
偕行会セントラルクリニック 名港共立クリニック 海部共立クリニック 偕行会リハビリテーション病院 安城共立クリニック 碧海共立クリニック 豊田共立クリニック
半田共立クリニック 瀬戸共立クリニック 静岡共立クリニック 城北共立クリニック 掛川共立クリニック 駒ヶ根共立クリニック 駒込共立クリニック
豊島中央病院 さいたま ほのかクリニック くわな共立クリニック 中津川共立クリニック      
「看護のチカラ」トップページ > 透析医療事業部・管理部長 熊澤ひとみさん
  < 前のページへ戻る

(3)看護師として、患者様おひとりお一人と向き合っていきたい

−熊澤さんが「一緒に働きたい」と思っているのはどのような看護師さんですか。

(熊澤さん)
「自分は看護師なんだ」という自覚を持って「患者様おひとりお一人と向き合っていけるような方」と一緒に仕事をさせていただきたいです。

−年齢、キャリアの長さ、ブランクがあることなどは関係ないですか。

(熊澤さん)
ないです。
まだ経験が少なかったり、ブランクがあるという方には、学べる環境、周囲のサポートがある環境を提供していますので、どんどん学んでいっていただきたいです。その結果、看護師として「看護の専門性を活かしていきたい」と思っていただきければ嬉しいですね。
「とりあえず、仕事をして給料をもらえればいいかな・・・」という気持ちで、流れ作業だけをお望みの方と一緒に仕事をするのは厳しいかもしれません。

−私のような一般的な目線でも「給料さえもらえれば」という方では不安です。

(熊澤さん)
はい。私が患者様の立場でも同じです。
目の前にいらっしゃる患者様に対して「少しでも良くなっていただきたい」と思っていると、勉強もしなくてはいけないという気持ちが出てくると思います。
「看護師として患者様にきちんと向き合っていけるのか」というのは大事なことだと思います。

−人間を相手にした仕事ですし・・・。

(熊澤さん)
はい。そうなんです。
当たり前のことですが、患者様の中には「今日はどうしたんだろう?」と驚くほど不安定な心の状態になる方もいらっしゃいます。
それを「あの人はワガママだからしょうがない」と片づけることもできますが「どうしてこういう心の状態になるんだろう?」と理由を分析することで、患者様のことを理解して適切な対応ができます。

−それが「向き合う」という意味なのですね。

(熊澤さん)
「ワガママだからしょうがない」と思っても、時間が来れば仕事は終わります。
でも、そういう考えでなく、スタッフが1つのチームで患者様と向かい合って対応できれば、良い方向にいくと思います。
今、そういった志を持った看護師さんがたくさん入ってきてくれていますが、さらに仲間が増えていけば、理想的な看護になっていくと思います