医療法人偕行会 碧海共立クリニック
看護師募集 透析医療事業部
0566-73-2710
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内
私たちのポリシー 高齢者の方の透析治療 スタッフインタビュー スタッフ募集 合併症対策について

HOME > 看護師求人・臨床工学技士求人 > スタッフインタビュー > 看護師さん << 前のページに戻る

碧海共立クリニックは、スタッフそれぞれの良所を活かしてチームで仕事をしています。そのような仕事環境が実現できている理由を看護師・リーダーさんにお話ししていただきました。

(1)碧海共立クリニックが”チームで仕事ができる”理由

−こんにちは。よろしくお願いします。

(看護師さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−碧海共立クリニックさんで働き始めて何年ですか。透析医療のご経験なども教えてください。

(看護師さん)
碧海共立クリニックで働き始めて4年になります。
以前にも偕行会グループの透析施設で働いていたこともあり、透析看護は10年ほどの経験があります。

−碧海共立クリニックさんの透析看護の特徴はどのような点にあると感じていますか。

(看護師さん)
”患者様の立場になって考えた看護”を、日頃から行っているクリニックだと感じています。
患者様に必要とされることは、患者様お一人お一人異なります。たとえば、一人暮らしの方、介護サービスを利用されている方、家族の支援を受けている方では、爪切りひとつとっても、私たちが考えるべきことは違ってきます。
そういった”患者様の個別性を考えた看護”を実践していますね。

−そうすると、お食事についてもご家族が作っている場合と一人暮らしの方では指導内容が違うのでしょうか。

(看護師さん)
はい。体重が増えた場合でも、患者様によって声掛けの仕方が変わってきます。

−個別性を考えることは素晴らしいことだと思いますが、実現するのは大変だと思います。

(看護師さん)
スタッフ一人の頑張りで実現できることではないので、チームで仕事をすることが大切だと思います。
碧海共立クリニックでは、業務の最後に行うチームカンファレンスで情報共有して、チームで看護をしていく形になっています。また、クリニック全体だけでなく、チーム毎にも目標を立てていて、同じ目標をもって仕事ができるようになっています。
このような仕事環境だと、個人としてのスキルアップもできると思います。

−臨床工学技士さんをはじめ、様々な専門職の方ともお仕事をされていますよね。

(看護師さん)
はい。ケースワーカーさん、管理栄養士さん等、様々な専門職の方と一緒にお仕事をしています。
臨床工学技士さんとはダイアライザー等、管理栄養士さんとは栄養や食生活等、ケースワーカーさんと介護保険等を学ぶことができます。
他職種の方からの学びが看護に活かされていることを年々感じています。

−他職種からは「患者様にとって最も近い存在である看護師さんと、しっかりと情報共有できることは有り難い」というお話しをうかがいます。

(看護師さん)
実際に”他職種との連携を図っていく”ことが月の目標として掲げられていたこともあります。
また、看護師内でも毎日同じメンバーで仕事をするとは限らないので、情報共有が大切です。
情報共有がされていることは、患者様にとっても「誰に話しても、スタッフみんなが分かってくれている」という安心感につながりますし、結果的に”患者様がスタッフに話しやすい環境”になると思います。

−確かにそうですね。情報共有することで仕事がしやすくなるだけでなく、結果的には患者様のためにもなっているのですね。


(1)碧海共立クリニックが”チームで仕事ができる”理由

(2)自分の知識を深め、患者様にもしっかり提供できる環境[近日公開]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


HOME

(2)自分の知識を深め、患者様にもしっかり提供できる環境[近日公開]




医療法人偕行会 碧海共立クリニック
〒446-0053 愛知県安城市高棚町中島115番地1 TEL/0566-73-2710 FAX/0566-73-2711
Copyright Hekikai Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.