医療法人偕行会 碧海共立クリニック
看護師募集 透析医療事業部
0566-73-2710
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内
私たちのポリシー 高齢者の方の透析治療 スタッフインタビュー スタッフ募集 合併症対策について

HOME > スタッフインタビュー > 看護師さん「仕事のスタイルの違いに戸惑いましたが、周囲のサポートに助けられました」 << 前のページに戻る

以前は「看護師は医者の言うことだけ聞いていればいい」という方針の病院にお勤めだったという准看護師さん。碧海共立クリニックで働きはじめてから、スタッフみんなで仕事をすることにやりがいを感じているそうです。

(1)仕事のスタイルの違いに戸惑いましたが、周囲のサポートに助けられました

−こんにちは。よろしくお願いします。

(看護師さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−碧海共立クリニックさんで働いて何年ですか。

(看護師さん)
4年目です。
以前は個人病院でパートで働いていました。

−転職なさったきっかけは何ですか。

(看護師さん)
ここ(碧海共立クリニック)で先輩看護師が働いていて誘って頂きました。話しを聞いてみると、以前の病院と比べるとお給料も良かったですし、残業もほとんどないというのが魅力的でした。
今は社員として働かせて頂いています。

−それから4年ほどたったわけですが、実際に働いてみて良かったところは何ですか。

(看護師さん)
時間はきっちりしていて、働きやすいですね。以前は、いつ帰れるのかわからなかったです。
それから、病院での外来と違って、患者様と長く深くお付き合いしていくのが興味深いです。私自身、そういう経験がなかったので難しい面もありましたが、やりがいもあります。

−難しいというのはどのような面ですか。

(看護師さん)
私よりも患者様の方が透析治療の経験が長く、知識にしても豊富だというのが、病院での患者様との関係と大きく違うところだと思いました。
ですから、患者様から「それは違うと思う」とご指摘をいただくこともあって、しかも的確なのです。そういう経験はしたことがなかったので戸惑いはありましたね。
体調管理について指導をした時も「何か違う感じがする」と返されてしまって、私も勉強し直して、また患者様のところに行くということもありました。
患者様は、透析治療や体調管理への意識がとても高いですから、私には難しい質問も多くて、勉強をするのが大変だなと思いました。

−患者様に質問をいただいて、勉強して、お答えするの繰り返し。

(看護師さん)
はい。最初は「どうしよう!」と思いましたが、必死で勉強していて、あっという間に4年が経ってしまいました。

−勉強するのはお好きな方ですか。

(看護師さん)
勉強はあまり好きじゃないですね(笑)本を読むのは本当に苦手です。
でも、一緒に働くスタッフのみんなが、知識のある人ばかりでしたし、何でも聞くとすごく親切に教えてくれました。それで助けられることが多かったです。
自分一人で勉強するような環境だったら(仕事が)続かなかったかもしれません。

−わかるようになってきたなと感じたのはいつ頃ですか。

(看護師さん)
いつ頃かは忘れてしまいましたが、患者様にご質問をいただいてもすぐに答えられた時に「ちょっと成長したかな」という感じはしました。それまでは何を聞かれても「ちょっと待ってください」と確認してばかりでしたから。何かトラブルがあると焦って他のスタッフを呼んでいたのですが、徐々に自分で対応できるようになってきました。
本当に少しずつです。サポートしてくれたスタッフ、それから患者様にも感謝しています。

(1)仕事のスタイルの違いに戸惑いましたが、周囲のサポートに助けられました

(2)腹膜透析の患者様への指導を任せていただくことになりました


同僚スタッフからのご紹介
以前の病院とお仕事のスタイルが随分と違っていたようで戸惑っていたのは感じました。とても頑張り屋さんなので、みんなも応援したくなったのだと思います。「患者様のために何をしなくてはいけないのか?」という視点で患者様と接することができ、患者様の訴えを冷静に受け止めて、きちんと判断出来るところが素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


HOME

(2)腹膜透析の患者様への指導を任せていただくことになりました




医療法人偕行会 碧海共立クリニック
〒446-0053 愛知県安城市高棚町中島115番地1 TEL/0566-73-2710 FAX/0566-73-2711
Copyright Hekikai Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.