医療法人偕行会 碧海共立クリニック
看護師募集 透析医療事業部
0566-73-2710
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内
私たちのポリシー 高齢者の方の透析治療 スタッフインタビュー スタッフ募集 合併症対策について

HOME > スタッフインタビュー > 有馬さん「働き方が変わって生活スタイルも気持ちも変わりました。」 << 前のページに戻る

総合病院の外科病棟で7年間働いていた有馬さん。初めての透析施設で働いてみて感じたことをうかがいました。

(2)働き方が変わって生活スタイルも気持ちも変わりました。

−透析室を見学した時はものすごい衝撃を受けたとのことですが、働き始めてはいかがでしたか。

(有馬さん)
安心して仕事ができました。
最初に腎臓のことを基礎から勉強させていただきました。それから、透析治療の原理や、シャントについて等、いろいろなことを学びました。
実際のお仕事のときには、主任さんや課長さんがずっとついてくれて、機械の操作や穿刺の仕方などを教えていただきました。

−いつ頃から「やっていけそう」と感じられましたか。

(有馬さん)
まだ自信がないですね。

−よく、穿刺が難しいとうかがいます。

(有馬さん)
今まで使ってきた針よりも若干太いですし、血管も人口血管で難しいですね。
これから、患者様とずっと長く付き合っていく中で、最初に失敗したらどうしよう・・・と思いました。
3、4ヶ月目くらいの時に初めて穿刺したときは手が震えました。

−それで今10ヶ月ということですが、今まで仕事を続けてこられた理由は何ですか。

(有馬さん)
周りのスタッフからのサポートですね。
わからない事を親切に教えてくれたり、穿刺で失敗した時もフォローやアドバイスをしてくれました。
それが一番です。
指導を受けるというよりも、いつのまにか自然に教えてくれている感じでした。

−それは良かったですね。転職して生活は変わりましたか。

(有馬さん)
夜勤がないので、食事を作ったり等、家庭のことができるようになりました。
転職して良かったです。

−気持ち的にも変わったことはありますか。

(有馬さん)
あります。
日曜日が必ず休みですので、働いていて少し大変なことがあっても「日曜日までガンバロウ!」と思えるのはいいですね。

(1)初めての透析施設。見学したときはものすごい衝撃を受けました。

(2)働き方が変わって生活スタイルも気持ちも変わりました。

(3)短時間で患者様の情報を収集できるチカラに驚きました。



HOME

(3)短時間で患者様の情報を収集できるチカラに驚きました。




医療法人偕行会 碧海共立クリニック
〒446-0053 愛知県安城市高棚町中島115番地1 TEL/0566-73-2710 FAX/0566-73-2711
Copyright Hekikai Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.