医療法人偕行会 碧海共立クリニック
看護師募集 透析医療事業部
0566-73-2710
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内
私たちのポリシー 高齢者の方の透析治療 スタッフインタビュー スタッフ募集 合併症対策について

HOME > 研究開発活動 << 前のページに戻る

研究開発活動

碧海共立クリニックでは、より良い、高度な透析医療を目指して、院長をはじめ、臨床工学技士、看護師などが、研究活動を盛んに行っています。その成果を、各学会、偕行会グループ内、腎友会様(患者会様)、各種団体にて、研究発表・講演として発表報告しています。ホームページにおいても、随時ご紹介していきますので、是非ごらんいただき、当クリニックの最先端透析医療の一端をお感じいただければと存じます。

目   次

● 年別一覧表 
【2011年】 学会発表
【2010年】 学会発表 / 学会主催
【2009年】
学会発表
【2008年】 学会発表 / 講演
【2007年】 学会発表
【2006年】 学会発表
● 論文のご紹介  (一部のみ)
→こちらにてご覧いただけます

2011年 研究開発活動一覧

■学会発表
  1. 透析クリニックにおけるワーファリン療法の検討
    増本 弘
    第56回日本透析医学会学術集会
  2. 新しいバルーンYOROI の使用経験
    小野木 健詞
    第17回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会
  3. 当院におけるインシデントの現状と今後の課題〜開始時のインシデントに着目して〜
    稲葉 美保
    第10回偕行会透析研究会
  4. 避難訓練の振り返りと今後の災害対策について〜アンケート調査を基に〜
    鶴田 ゆみ
    第56回日本透析医学会学術集会
  5. 当院のカプラの汚染状況とその改善に向けての取り組み
    鈴木 綾子
    第56回日本透析医学会学術集会

2010年 研究開発活動一覧

■学会発表
  1. 透析クリニックにおけるホルター心電図の有用性と留意点
    増本 弘
    第55回日本透析医学会学術集会
  2. AFBFにて倦怠感の著明な改善がみられた一例
    榮 美光
    第55回日本透析医学会学術集会
  3. AFBFにて倦怠感の著明な改善がみられた一例
    榮 美光
    第8回偕行会透析研究会
  4. 当院における感染対策への取り組み〜速乾性擦り込み式手指消毒剤の使用方法を見直して〜
    山田 育子
    第55回日本透析医学会学術集会
  5. 避難訓練の振り返りと今後の災害対策について〜アンケート調査を基に〜
    鶴田 ゆみ
    第9回偕行会透析研究会

■学会主催
  1. 増本 弘
    第9回偕行会透析研究会
2009年 研究開発活動一覧

■学会発表
  1. 外来透析でフォーカスチャーティングを導入して〜スタッフの意識向上と継続看護の充実〜
    山本 香保里
    第54回日本透析医学会学術集会
  2. バイフィルSを用いたAFBFにて倦怠感の著明な改善がみられた一例
    榮 美光
    第8回偕行会透析研究会
2008年 研究開発活動一覧

■学会発表
  1. 透析患者における体成分分析装置(MLT-50)による体液量測定値の評価
    富澤 寛
    第53回日本透析医学会学術集会
  2. レストレスレッグ症候群(RestlessLegsSyndrome;RLS)に対するV型ダイアライザーの使用経験
    藤川 兼一
    第14回日本HDF研究会

■講演
  1. 当院におけるVascular Access i Look 25の使用経験
    藤川 兼一
    日本シャーウッド企業研修

2007年 研究開発活動一覧

■学会発表
  1. 当院でのシャントに対するi Look 25の応用
    安藤 弘真
    第52回日本透析医学会学術集会
  2. 高齢者の透析を考える〜透析拒否の患者さまとの関わりを通して〜
    藤井三紗
    第52回日本透析医学会学術集会

2006年 研究開発活動一覧

■学会発表
  1. 造影剤を使用しないシャント管理の検討-vascular access iLook25を用いて
    安藤 弘真
    第51回日本透析医学会
  2. 高齢者の透析を考える〜透析拒否の患者さまとの関わりを通して〜
    津田 由美
    第5回偕行会透析研究会

論文のご紹介 (一部のみ)


「高齢者の透析を考える 〜透析拒否の患者さまとの関わりを通して〜」
>> PDFダウンロード(337KB)

高齢の患者様の多い、碧海共立クリニックならではの研究と言えるでしょう。
近年、原疾患の変化や高齢化により、介護や援助を必要とする患者さまが増加しています。
身寄りが無く独居で、日常生活に援助を必要とする患者さまへの関わりを通して、患者さまがより良い生活を送れるよう、私たちに何が出来るのか、また透析クリニックとしてどのような役割を果たすべきなのか、研究し、2007年透析医学会にて発表させていただきました。


「当院でのバスキュラー・アクセスに対する vascular access i Look 25の応用」
>> PDFダウンロード(3.9MB)

透析治療をなさっている方にとって、シャント管理はとても大切です。
さて、シャントの状態のチェックは、多くの場合、造影剤を使った撮影により行っています。
しかし、透析治療をなさっている方の場合、造影剤は、できることならば身体に入れたくないものです。なぜなら、 造影剤は、通常は尿と共に排泄されますが、特に透析治療をなさっている方は排泄がしにくいということがあるからです。
そこで、造影剤を使わないで、シャントの状態を確認できる方法はないかという研究をしました。
研究で使った機械は、たいていの施設にはあるものです。 どこにでもある機械なのですが、シャントの記録に関して、分析がきちんとできることが確認できましたので、学会で発表させていただきました。


  HOME  



医療法人偕行会 碧海共立クリニック
〒446-0053 愛知県安城市高棚町中島115番地1 TEL/0566-73-2710 FAX/0566-73-2711
Copyright Hekikai Kyoritsu Clinic. All Rights Reserved.