医療法人偕行会 半田共立クリニック 0569-32-1700
HOME
お問合せ 地図・交通 送迎バス 看護師募集 透析医療事業部
私たちのポリシー より良い透析医療へ スタッフインタビュー スタッフ募集 研究開発活動報告
HOME > より良い透析医療へ | クリーンな透析液
前のページへ戻る

より良い透析医療へ
クリーンな透析液
通常、日本で使用されている、水道水は塩素で消毒されていますので、細菌は存在しません。
しかし塩素で消毒後の死滅した細菌から、いろいろな生物活性物質ができます。
その代表的なものがエンドトキシンです。エンドトキシンの副作用は多岐にわたり、直ぐに生命の危機をおよぼすものとして、エンドトキシンショックが有名であり、その他に発熱や血圧低下を引き起こし、慢性的なものとしては炎症物質が刺激されることにより、動脈硬化の促進、透析アミロイドの蓄積、線維化が促進されるなど、現在解っている事象だけでもこれだけ多くのことが直接患者さんに、降りかかってきます。
正直なところ、今の段階では、完全な無菌状態にすることは不可能です。
しかし長期に、しかも多量に使用する透析液ですから、清浄化は、言うまでもなく大切ですし、臨床現場での関心も高まってきています。
完全な無菌状態が無理だからといって、清浄化に取り組まないのではなく、無菌状態に限りなく近づける努力を続けることが、今後更に増え続ける長期透析患者さんの合併症対策、QOLの向上につながると考えています。
そこで当院では透析液清浄化に、たいへん力を入れており、実際の取り組みについて、下の図で説明いたします。

超純水対応配管システム フィルターを用いた清浄化 ET測定 水の活性化 逆浸透装置

水の活性化 水の活性化
透析に使用する水は、特殊セラミックを用いた活性器によって活性化され、配管のクリーン化などに役立っています。

逆浸透装置 逆浸透装置
透析用の超純水を製造する装置で、滞留汚染防止用の再循環システムや、純水ラインの自動消毒機能を備えています。
併せて、環境からの配慮から排水量を従来の装置に比較し5分の1に減少させる機能を搭載しています。

超純水対応配管システム 超純水対応配管システム
当院が採用しているPVDF(ポリ弗化ビリニデン)配管は、毒性や環境ホルモンの溶出が無い安全な材質として注射用水の製造などに使われているものです。内面が高度に鏡面化され、継ぎ目を作らない工法にて施行しており、透析液配管として理想的なシステムとなっています。
また、施行には通常配管の5〜6倍の費用が必要で、愛知県内の透析施設(192施設)のなかで本システムを採用しているのは、今のところ当院を含め4施設のみです。

フィルターを用いた清浄化 フィルターを用いた清浄化
透析装置全台に装備されている微粒子除去フィルターは、透析前にその性能をチェックする自己診断機能を有しており、極めて高い安全性を実現しています。

ET測定 ET測定
生菌培養等を行い透析液管理をきちんとしています。

実績ある偕行会の一員
HOME
シャント管理

医療法人偕行会 半田共立クリニック
〒475-0862愛知県半田市住吉町2-166 TEL/0569-32-1700 FAX/0569-32-1720

Copyright Handa Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.