看護師求人!看護師募集中!!愛知、名古屋、弥富、安城、豊田、半田、瀬戸、静岡、掛川、三重、桑名、長野、駒ヶ根、東京、さいたま、岐阜、中津川
偕行会グループ透析医療事業部
ホーム リンク サイトマップ
透析医療の現在と課題 偕行会グループの透析医療 全国のクリニックご紹介 透析合併症対策室 患者様の声

HOME > 透析合併症対策室もくじ > 心臓の病気 > 不整脈
前のページへ戻る
 
●不整脈●

不整脈とは、心臓の拍動のリズムが異常になり、脈が乱れ、胸がドキドキする病気です。安静時には本来一定のリズムである拍動が、異常に多くなったり(頻脈)、逆に少なくなったり(徐脈)、あるいは不規則になった状態をいいます。不整脈の中には、放置していると死に至る危険な不整脈もあり、透析を受けている方は、一般の人よりも危険な不整脈の発生率が約9倍高いことがわかっています(図5)。また、透析中は不整脈が発生しやすく、特に狭心症のある方では、透析中の危険な不整脈の発生率が高いこともわかっています(図6)。狭心症と不整脈は密接な関係にあります。

(図5) 危険な不整脈の発生率


(図6) 透析中の危険な不整脈の頻度





偕行会グループ 透析医療事業部
Copyright© Kaikokai Group. All Rights Reserved.