HOME お問合せ 地図・交通 送迎バス 看護師募集 透析医療事業部
スタッフ募集!

診療時間案内
HOME > インタビュー | 看護師としての専門性を深めることができる透析医療 < 前のページへ戻る


■患者様の生活習慣やご家族等、患者様の背景に気を配る看護

−一緒に働いているスタッフの印象を教えてください。

(渡邉さん)
病気への対処ばかりに目がいってしまいがちですが、ここのスタッフは患者様の生活習慣やご家族のことなどの患者様の背景にまで気を配っていますね。
たとえば、体重や血液データなどをみて「これ食べたかな?」と、見ていないはずのふだんの生活が透き通って見えるような感じですね。

−入院している患者様をみるのとは違うスキルですか。

(渡邉さん)
そうですね。入院していると食事管理もされていますし、起きる時間と寝る時間も決まっていますので、そこまでみることがありません。
でも、外来での透析治療の場合は、家での生活の方が長くなります。食事にしても患者様が選んで食べています。そのふだんの生活に対して思いを巡らせて、指導をすることが必要です。
そういう時の指導は難しいのですが、遠慮をして何も言わないのは患者様のためにもなりませんので、勉強しながらしっかりお伝えしたいと思っています。

−最後の質問です。偕行会セントラルクリニックさんへの転職は成功でしたか。

(渡邉さん)
成功だと思います。

−成功だと言える理由は何ですか。

(渡邉さん)
働きやすい環境。
職場の人間関係ですね。

−環境にもいろいろありますが。

(渡邉さん)
以前の経験では、看護師は受け持ち患者様と1対1になってしまって、周囲の介入がなく自分で判断して行動しなければならない傾向がありました。困った時も自分の上司に相談するだけで、何か力を貸してほしい時でも自分で頑張り抜かなくてはいけない場面も少なくなかったです。

−偕行会セントラルクリニックさんは違うのですか。

(渡邉さん)
はい。違いますね。
今は、自分の受け持ちの患者様もいますが、みんなで協力して仕事をすすめられます。
縦の関係だけでなくて、横の関係でチームとして助け合えるのは良いと思います。

−だいぶ違うスタイルだと思いますがとまどいはないですか。

(渡邉さん)
ないですね。
仕事が楽しいです。
広い空間で仕事をしていることもあって、まわりの人の仕事が見えますし、自分と違うバックボーン(経験)を持っている看護師もいるので、毎日が勉強になります。

−それは素晴らしいですね。今日はありがとうございました。

(渡邉さん)
ありがとうございました。




10年間病院で働いた後、たくさんの不安がありながらも転職した渡邉千明さん。現在、楽しくお仕事ができている理由をうかがいました。