HOME お問合せ 地図・交通 送迎バス 看護師募集 透析医療事業部
スタッフ募集!

診療時間案内
HOME > 看護師求人・臨床工学技士求人情報 > スタッフインタビュー < 前のページへ戻る


◆相談員(メディカル・ソーシャル・ワーカー)・Kさん
患者様の高齢化に伴い、透析医療と介護の連携がますます重要になってきています。患者様のすこやかな生活をお支えするために、患者様とご家族の相談を承っている、相談員(メディカル・ソーシャル・ワーカー)のKさんにお話しをうかがいました。

◆臨床工学技士 Sさん
新卒で偕行会セントラルクリニックに入職した臨床工学技士のSさん。日々、患者様と仕事に向かい合う中で感じたことをお話ししていただきました。

◆看護師 Mさん
転職して1ヶ月(インタビュー時)の看護師のMさんは、3年間の透析医療従事の経験があります。偕行会セントラルクリニックの透析医療や職場について感じたことをうかがいました。

◆看護師 Yさん
働き方を変えたいと、ご家族が利用していた偕行会グループの施設に転職した看護師・Yさん。初めて透析医療でお仕事をしてみた印象をうかがいました。

◆看護師 課長さん
患者様の高齢化、介護・地域との連携体制等、昨今の透析医療の様々な課題をどのように解決しているのか、看護師・課長さんにお話しをうかがいました。

◆臨床工学技士 Kさん
昨年の4月に新卒で偕行会セントラルクリニックに入職した臨床工学技士のKさん。この1年間、どのように成長してきたのでしょうか。

◆看護師 Mさん
偕行会セントラルクリニックに転職して半年になる看護師・Mさん。転職を決めた理由と、透析看護のお仕事についてうかがいました。

◆臨床工学技士 Mさん
リーダーになったばかりの臨床工学技士のMさん。お仕事で感じるやりがいや今後のご自身の課題についてお話していただきました。

◆臨床工学技士 Sさん
子育てをしながら、14年間の長きに渡り偕行会セントラルクリニックで働いている臨床工学技士のSさんに、仕事、子育て、職場についてお話しをうかがいました。

◆看護師 Fさん
自分の時間も持ちながら、充実した仕事を求めて転職されて5年目となる看護師のFさん。透析看護という仕事をしていて感じるやりがいについてお話を伺いました。

◆看護師 Fさん
偕行会グループでは、日本式医療でインドネシア医療水準の底上げに貢献しています。インドネシアから来日して、透析室で働いている准看護師のFさんにお話を伺いました。

◆相談員(医療ソーシャルワーカー) Aさん
患者様とご家族のよき相談相手である相談員(医療ソーシャルワーカー)のAさん。相談員というお仕事の役割、患者様やご家族との関わり、お仕事で大事にしていること等を伺いました。

◆臨床工学技士 課長さん
透析医療事業部の各施設において、優秀な臨床工学技士を育成する役割を担っている課長さんに、人材育成への想いと取組についてうかがいました。

◆看護師 Tさん
透析医療に従事した経験が豊富な看護師のTさんに、職場の雰囲気や看護師の役割についてお話していただきました。

◆看護師 Oさん
偕行会セントラルクリニックへの転職後、2回の産休を経験されている看護師のOさん。どのようにして家庭と仕事の両立を実現しているのかを教えて頂きました。

◆看護師 Iさん
偕行会セントラルクリニックで働き始めて5ヶ月になるIさん。以前にも透析室で働いた経験をふまえて、透析看護のお仕事についてお話をうかがいました。

◆看護師 Nさん
偕行会セントラルクリニックで働き始めて3年が経ったNさん。この3年間で学んだこと、これからの目標にについてお話をうかがいました。

◆看護師 Yさん
自分に合う医療分野があるでは?と考えて、周囲のアドバイスを受けながら転職を決めた看護師のYさん。1年間働いてみて、どのように感じているのでしょうか。

◆臨床工学技士 Fさん
子育てで4年程お仕事を休んでいた臨床工学技士のFさん。復職してあらためて感じた仕事の魅力や、職場についてお話をうかがいました。

◆メディカルソーシャルワーカー Nさん
メディカルソーシャルワーカー(MSW)は創造的な仕事でやりがいがあるというNさん。アメリカでの経験も活かして、患者様とご家族に安心して透析治療を受けて頂くための支援をしています。

◆管理栄養士 Sさん、Mさん
2012年4月に新卒で入職した、管理栄養士のSさん、Mさんにお話をうかがいました。

◆臨床工学技士・主任 Tさん
10名の臨床工学技士さんをまとめている主任のTさんに、技士さんのチームのことやお仕事での喜びなどについてお話をうかがいました。

◆看護師 Wさん
10年間病院で働いた後、たくさんの不安がありながらも転職したWさん。現在、楽しくお仕事ができている理由をうかがいました。

◆看護師・主任 Yさん
偕行会セントラルクリニックと同じ偕行会グループの名古屋共立クリニックには、慢性腎臓病(CKD)の患者様のための腎機能保存期に関する外来があります。そこで看護師・主任をしているYさんにお話をうかがいました。

◆メディカルソーシャルワーカー Yさんインタビュ−
患者様のご高齢化がすすむ透析医療において、介護と医療がより良い連携が出来ることは患者様のためにとって重要です。患者様とご家族の良き相談相手であるソーシャルワーカー(社会福祉士)のFさんにお話をうかがいました。

◆看護師 Fさんインタビュ−
准看護師として10年以上働いた後、看護師の免許や透析技術認定士という資格をとった看護師・Fさんに「なぜ勉強は大切なのか?」をテーマにお話をうかがいました。

◆看護師 Nさんインタビュ−
8年間ぶりにお仕事を再開した看護師のNさん。初めての透析施設勤務です。


◆看護師 Yさんインタビュ−
透析医療に長く携わってきた看護師のYさんに、偕行会セントラルクリニックの透析医療の特徴についてお話しをうかがいました。

◆看護師 主任インタビュ−
意見交換しあえる職場から素晴らしい仕事の形ができあがっているようです。

◆看護師 主任インタビュ−
10年のブランクのあとに偕行会セントラルクリニックに再就職しました。 主任さんとして、どのような点に心配りをしているのかうかがってみました。
(2010年3月インタビュー)

◆看護師 課長インタビュ−
2009年秋に課長になられました。新スタッフの教育についてや、主任さんを中心にチームで気持ちよく働く職場になっている秘訣をお話しいただきました。(2010年3月インタビュー)

◆看護師 Sさんインタビュ−
夜勤が16時間あったりとたいへんなお勤めをなさっていたSさん。
少しゆとりの時間も持ちたくて、転職なさったとのことです。

◆看護師 Kさんインタビュ−
お子さんのいらっしゃるKさんは、ご家庭とお仕事のバランスを重視されての転職だったそうです。

◆臨床工学技士 Kさんインタビュ−
3年の技士経験を経て、香川県から転職して来て1年がたつKさん。
透析治療の奥深さに驚くと同時に、患者様に喜んで頂けることに大きなやりがいをもってお仕事する毎日のようです。

◆看護師 Wさんインタビュ−
結婚・出産をしても仕事は続けられるのか?ということにご興味のある方も多いのでは?
偕行会セントラルクリニックで働いて10年という看護師さん。出産・産休・職場復帰をなさった経験から、セントラルクリニックが女性にとって働きやすい職場である理由をお話していただきました。

◆看護師さんと臨床工学技士さんインタビュ−
透析医療の現場では、医師、看護師、臨床工学技士、看護助手、管理栄養士とさまざまな専門家が働いています。今回は、看護師さんと、臨床工学技士さんにそれぞれの仕事を互いにお話してもらいました。いったい、どのようなお仕事なのでしょうか?

◆臨床工学技士さんインタビュー
若手臨床工学技士さん男3人衆のインタビューです。