医療法人偕行会 安城共立クリニック 0566-73-0610
HOME
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内 看護師募集 透析医療事業部
私たちのポリシー 患者様の声 ずっと磨いていきたい スタッフインタビュー スタッフ募集 患者様会のご案内
HOME > シャント管理について
前のページへ戻る
シャント管理について
あなたの大切なシャントをしっかり管理。

シャントとは、動脈と静脈の血管を結合させ、静脈にたくさんの血液が流れるように手術で直接つなぎあわせたもので、血液透析を行っている患者様にとっては命綱となるものです。このおかげで十分な量の血液を短時間できれいにできるようになります。
しかし長い間の治療により繰り返し使われたシャントは、血栓などで内側が狭窄したり、閉塞したりして、透析が良好に行われなくなってしまうことがあります。使用不可能となれば新たにシャントを再建する必要がありますが、シャントに使用可能な静脈は限られており、一度作成したシャントはできる限り長く使う努力が重要です。

当院での取組み
シャントPTA

シャントPTAとは、血流の流れを確保するために、カテーテルという細い管を血管の中に挿入し、詰まっている部分を拡張させます。
安城共立クリニックでは、当院院長と専属スタッフによる「シャントPTA」を院内にて実施しています。
通常時も、シャント音の観察など、ふだんのシャント管理にも十分な配慮をしていますが、院内にて「シャントPTA」ができることは、患者様にもご安心いただけるものと考えています。

インターベンション治療

インターベンション治療とは、血液の流れを確保するために、カテーテルという細い管を血管の中に挿入して行う、新しい治療方法です。この治療にはいくつかの方法がありますが、バルーンカテーテル(風船のような器具)を用いたシャント拡張術が中心に行われています。

バルーンカテーテルによる拡張術
バルーンカテーテル
バルーンカテーテルを挿入し、血管の詰まっている部分を拡張させます。

すてんと留置術
バルーン(風船)で拡張術を行っても拡張が認められない時には、ステントを留置します。
血栓除去術
シャントがつまって(閉塞)しまったときなどは、カテーテルを挿入し、血栓を吸い取ります。
血栓溶解術
カテーテルを挿入し、血栓を溶かす薬液を噴出させます。

インターベンション治療のメリット
1.再建が可能な血管が温存できます。
2.皮膚を切開せずに治療できるので、身体への負担が少なくなります。
3.比較的治療時間が短く、また治療直後から透析も可能です。
4.予防的インターベンションにより、手術になる回数を減らせます。(図1参照)

実際の治療について


血管にバルーン(風船)の付いたカテーテルを入れます。

モニターを確かめながら慎重にカテーテルを狭窄を通貨させます。
狭窄部の拡張
血管の狭くなった部分でバルーンを膨らませて拡張します。

治療後のX線写真

治療前
治療前
治療後
治療後

※このページ内のコピー・写真・イラストの一部は、ボストン・サイエンティフィック・ジャパン株式会社様発行の「シャントを長くお使いいただくために」を使用させていただいています。
図1)当院のシャント開存率

図1)当院のシャント開存率

HOME