医療法人偕行会 安城共立クリニック 0566-73-0610
HOME
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内 看護師募集 透析医療事業部
私たちのポリシー 患者様の声 ずっと磨いていきたい スタッフインタビュー スタッフ募集 患者様会のご案内
HOME > スタッフインタビュー > 森田さん
前のページへ戻る
スタッフインタビュー
仕事と生活の良いバランスを求めて転職しました

−こんにちは。よろしくお願いします。

(森田さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−安城共立クリニックで働いて何年ですか。

(森田さん)
約1年になります。

−この1年を振り返ってみてのご感想を教えてください。

(森田さん)
今まで、さまざまな科で働いてきましたが、透析医療とはほとんど関わりがなかったため、仕事に慣れるまでは大変でした。

−転職された理由は何ですか。

(森田さん)
結婚をしたこともあって、家の近くで仕事を探していました。通勤・勤務時間・休日のことを考えると、すごく働きやすいのかなと思って転職しました。
仕事は続けていきたいのですが家事もしたいです。仕事と生活のバランスがとれればと思いました。

−ワークライフバランスは大事だと言われています。

(森田さん)
今は良いバランスだと思っています。

−看護師さんという専門職の視点では、透析医療のどのような点に興味をお持ちですか。

(森田さん)
勉強しなくてはならないことがたくさんありますが、特に患者様とどのように関わっていけばいいのか?という点を、もっともっと勉強したいと思っています。

−それは何故ですか。

(森田さん)
腎臓の機能がなくなって、腎臓機能の代替として透析治療を行っているわけですが、腎移植をしない限りは一生続けていく治療です。ですから、私達とも長年付き合っていくことになります。
患者様には透析治療を導入して間もない方もいれば、長く透析治療を受けている方もいます。患者様それぞれに問題を抱えていますので、それをいかに解決するかを一緒に考えていかなくてはなりません。そのためには患者様との関わり方が大切になりますが、難しいなと思うことがたくさんあります。
今、やっと業務の流れがわかってきて、患者様とも話せるようになってきました。

−とても難しい役割ですね。少しずつステップアップされてきたという形ですか。

(森田さん)
そうですね。スキルアップしていきたいですね。
透析治療をしている患者様は、いろいろな病気を合併しているので、看護の仕事の範囲が広いですね。大変ですが看護師としてはやりがいもあります。

スタッフインタビュー

仕事と生活の良いバランスを求めて転職しました

スタッフからの助けと患者様からのお優しい言葉で頑張れた


透析医療で働くのは初めてだったという看護師・森田かおりさん。1年働いてみて感じた、透析医療で働くことのやりがい、大変さ、嬉しかったことについてお話をうかがいました。










 


HOME
スタッフからの助けと患者様からのお優しい言葉で頑張れた