医療法人偕行会 安城共立クリニック 0566-73-0610
HOME
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内 看護師募集 透析医療事業部
私たちのポリシー 患者様の声 ずっと磨いていきたい スタッフインタビュー スタッフ募集 患者様会のご案内
HOME > スタッフインタビュー > 中山邦子さん
前のページへ戻る
スタッフインタビュー
看護師さんと「安全な透析治療の実現」という目標を共有しています

こんにちは。よろしくお願いします。

(中山さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−中山さんは、安城共立クリニックで働きはじめて何年ですか。

(中山さん)
丸9年になります。
あっという間でした。

−長く続けることが理由は何でしょうか。

(中山さん)
安城共立クリニックが、子どもをもっている人にとって働きやすい場所だからだと思います。
私の場合、最初の3年はパートで働いていました。子どもが小さかったので、夜勤をしない勤務にしていただいていました。子どもが大きくなってから正社員に変えていただいて夜勤もするようになりました。
今も、子どもの学校の行事が前もってわかっていれば、それに合わせてお休みを取らせていただけますし、毎日の勤務においても残業がほとんどありません。
子どもが突発的に病気になることもありますが、そういう時も周りのスタッフが協力してくれます。

−なるほど。それは働きやすいですね。

(中山さん)
私が、看護助手だからというわけではなくて、看護師さんであっても働きやすい職場だと思いますね。

−看護助手さんのお仕事について教えてください。

(中山さん)
看護助手というのは資格をもっているわけではありません。
看護師さんのサポートをするのが役目になります。看護師さんが仕事をしやすいように縁の下の力持ちに徹して、私たちの存在が表面にでないくらいスムーズに仕事がまわるのが良い形かなと思っています。
医療行為はできませんが、透析医療を支えるスタッフとしての責任感はもっているつもりです。看護師さんたちと同じような気持ちはもってやらないとミスが起きてしまっては大変なことになります。

−看護師さんとのコミュニケーションが一番多いですか。

(中山さん)
そうですね。
看護師さんは、いろいろ教えてくれますね。
私たち看護助手も精一杯やっていますが、看護師さんがフォローしてくれることもあります。
とても良い形で協力してお仕事ができていると感じています。

−安城共立クリニックさんの看護師さんの良いところは何でしょうか。

(中山さん)
看護助手としては、しっかりと理解しながら仕事ができるように配慮してくれているところが有り難いです。
いろいろなことを教えてもらいますが、説明もわかりやすいですし、質問しやすい雰囲気をつくってくれています。

−良好な関係ですね。

(中山さん)
私たちは看護師さんの指示で動きますし、看護師さんの仕事がやりやすいようにと考えて仕事をしていますが、単純な上下関係という形ではないですね。
看護助手しかわからない仕事もありますので、お互いに協力しあって仕事をしています。
立場は違っても、目標は1つですから。

−その目標というのは。

(中山さん)
安全に透析治療を行うことです。
患者様の立場、気持ちをできるだけ理解して、無事に透析治療が終わってお家に戻っていただくというのは、看護師さんも私たちとの共通した目標です。

−目指すところ、実現したいことが共有できているのは素晴らしいですね。

(中山さん)
はい。ですから、私も一生懸命にお仕事をして、少しでもお役に立ちたいと思っています。

スタッフインタビュー

看護師さんと「安全な透析治療の実現」という目標を共有しています

看護助手がやれること、お役に立てることがたくさんある!

患者様から「みんな明るくてやさしいね」という言葉をいただきます


安城共立クリニックで働きはじめて9年目という看護助手リーダーの中山邦子さん。
看護助手さんのお仕事についてお話しをうかがいました。










 


HOME
看護助手がやれること、お役に立てることがたくさんある!