医療法人偕行会 安城共立クリニック 0566-73-0610
HOME
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内 看護師募集 透析医療事業部
私たちのポリシー 患者様の声 ずっと磨いていきたい スタッフインタビュー スタッフ募集 患者様会のご案内
HOME > スタッフインタビュー > 北村智恵美さん| 指導してくれるプリセプターが丁寧に教えてくれた
前のページへ戻る
スタッフインタビュー
指導してくれるプリセプターが丁寧に教えてくれた

−こんにちは。よろしくお願いします。

(北村さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−介護の現場で看護師として働いていらっしゃったとうかがいました。

(北村さん)
はい。そうなんです。
介護関係の施設で7年ほど勤めていたのですが、医療の現場にも剃りたいと思いました。それで、4ヶ月前からこちらにお世話になっています。

−医療としてはどのような科で働いていらしたのですか。

(北村さん)
内科、外科、婦人科です。

−安城共立クリニックさんを選んだ理由は何ですか。

(北村さん)
それが大した理由ではないんですね。
家がすぐ近くなんです。
それで、看護師を募集していると聞きまして、すぐに決めました。
実際に面接に来てみたら、大きな組織で驚いたくらい、あまりよく知りませんでした。

−今、半年ほどお仕事を続けてみての感想はいかがでしょう。

(北村さん)
内科や外科と違って機械に関する業務も多くて、経験もなかったのですが、実際にやってみて嫌いな仕事ではありませんし、これからもやってみようかなと思えています。

−入職してみて良かったことは何でしょうか。

(北村さん)
指導してくれるプリセプターが丁寧に教えてくださったことですね。
教育のペースを私に合わせながら、ゆっくりとやってくださいました。

−それは良かったですね。一通りの流れはつかみましたか。

(北村さん)
そうですね。流れはつかめてるかと思います。
細かい部分はまだまだですが。

スタッフインタビュー

指導してくれるプリセプターが丁寧に教えてくれた

1つ覚えると「あ!できたな」という達成感があります


医療の現場に復帰したいと、4ヶ月前に入職した看護師の北村智恵美さん。この4ヶ月は大変だったようですが、透析医療における看護のイメージができつつあるようです。















HOME
1つ覚えると「あ!できたな」という達成感があります