医療法人偕行会 安城共立クリニック 0566-73-0610
HOME
お問い合わせ 地図・公共交通 送迎バスのご案内 看護師募集 透析医療事業部
私たちのポリシー 患者様の声 ずっと磨いていきたい スタッフインタビュー スタッフ募集 患者様会のご案内
HOME > > 看護師求人・臨床工学技士求人 > スタッフインタビュー
前のページへ戻る
スタッフインタビュー
看護師・主任 Yさん
安城共立クリニックで働き始めて10年になる看護師・主任のYさん。若い看護スタッフさんの働きぶりについてお話しを伺いました。
助け合いながら仕事をするチームワークの良いクリニック

スタッフ同士が良い刺激を与えあっている

機械の進化により患者様に向き合う時間がとても増えた

責任を果たしながら、楽しく仕事をしていきたい

看護師 Mさん、Nさん
安城共立クリニックは、患者様の足を守るための医療にいち早く取り組んできました。ASO係として活動している看護師のMさん、Nさんに足のケアについてお話を聞きました。
透析患者様の足をケアすることが重要な理由

患者様の足を守る事は、すこやかな透析生活を守ることに繋がる

患者様に足のケアの大切さを理解していただけたことが嬉しい

チームワークでフットケアを充実させていきたい

看護師 Oさん
総合病院の透析室での勤務経験がある看護師のOさん。外来での透析医療との違いについてお話をうかがいました。
多種多様な専門家が協力して患者様をお支えしている透析医療

患者様のお気持ちを大切にした看護

自分も頑張ってみよう!と思わせてくれる職場

看護師 Nさん
急性期や救急で7年の看護師経験の後、1年前に透析施設で初めて働き始めた看護師・Nさん。この1年間のお仕事について振り返っていただきました。
働き始めた頃は、戸惑うことばかりだった

”初心に帰ってみよう”と思ったら、仕事が良い方向に向かった

患者様の背景を知って看護をすることで、患者様も話して下さるようになった

看護師 Sさん
違う医療のことも知りたいと、安城共立クリニックに転職して1年になる看護師のSさん。実際に働いてみた透析施設での仕事についてうかがいました。
患者様お一人お一人とお話ができる働き方を求めて

時間の使い方やコミュニケーションを勉強していきたい

プライベートと仕事の両方が充実している

看護助手 Tさん
看護師さんが「看護助手さんあっての私たちの仕事」というほど、重要な存在となっている看護助手の中心的なメンバーのひとりであるTさん。長い経験を活かして教育担当としても活躍しています。
不安で一杯だった私を支えてくれた家族とスタッフ

仕事の楽しさがどんどん増えていきます

看護師 Mさん
これまでと違う医療分野でもう一度勉強し直したいと、患者様の関わりが多い透析医療に興味をもった、看護師のMさんにお話をうかがいました。
患者様に寄り添う時間を増やして、患者様のお話をしっかり聞けるように

安城共立クリニックの教育は”土台がしっかりしている”

臨床工学技士 Oさん
産休・育休で1年振りに職場に復帰した、臨床工学技士のOさんに、復帰時の気持ちやお仕事ぶりを聞きました。
新人に戻ったような気持ちで職場に復帰

患者様からの「お帰り!」の言葉が嬉しかった

看護師 Mさん
透析医療で働くのは初めてだったという看護師・Mさん。1年働いてみて感じた、透析医療で働くことのやりがい、大変さ、嬉しかったことについてお話をうかがいました。
仕事と生活の良いバランスを求めて転職しました

スタッフからの助けと患者様からのお優しい言葉で頑張れた

臨床工学技士 Kさん
臨床工学技士のリーダーとしてチームを引っ張るKさん。仕事への意識の変化が、行動の変化とやりがいにつながっているようです。
これで良しと思っていた事が、全く足りない事に感じてきた

目標に向かって一緒に頑張ってくれる仲間に感謝

頼っていただけることは大変だけどやりがいがある

新設備だからこそ使える時間を患者様の安心のために

臨床工学技士 Eさん
安城共立クリニックへの転職は大正解だったという臨床工学技士のEさん。その理由をうかがいました。
臨床工学技士という仕事にやりがいを感じています

転職は大正解!技士がこんなにも頑張っているのか!とよい刺激に

”良いと思ったことはどんどんやろう!”という雰囲気が僕を変えてくれた

看護助手 Nさん
安城共立クリニックで働きはじめて9年目という看護助手リーダーのNさん。看護助手さんのお仕事についてお話しをうかがいました。
看護師さんと「安全な透析治療の実現」という目標を共有しています

看護助手がやれること、お役に立てることがたくさんある!

患者様から「みんな明るくてやさしいね」という言葉をいただきます

臨床工学技士 Mさん
検査技師だった頃から透析に興味があり、臨床工学技士の資格をとったというMさん。実際に透析施設で働いてみて、どのような印象をもったのでしょうか。
臨床工学技士として行う”看護業務と技士業務”はどちらも大事

患者様から良い評価をいただけることが嬉しい

患者様とのふれあいが楽しい透析施設でのお仕事
森みどりさん

看護師 Kさん
医療の現場に復帰したいと、4ヶ月前に入職した看護師のKさん。この4ヶ月は大変だったようですが、透析医療における看護のイメージができつつあるようです。
指導してくれるプリセプターが丁寧に教えてくれた

1つ覚えると「あ!できたな」という達成感があります
北村さん

臨床工学技士 Sさん
以前は、まったく違うお仕事をしていたというSさん。仕事をしながら臨床工学技士の資格をとり、安城共立クリニックに就職して4年目を迎えています。
技士という仕事に心を鷲掴みされて転職しました

素晴らしい仕事ができる環境に感謝しています
杉浦弘忠さん

看護師 Yさん
看護師として、主任として奮闘中!実は人見知りだというYさんにお話しをうかがいました。
看護師が早く気づくことで、早期の対策実施を実現

実は人見知り。仕事をして少し変わることができた

患者様が無事に治療をすませて笑顔でお帰りになるのが一番うれしい
山口里子さん

HOME