医療法人偕行会
お問合せ 診療時間 地図/交通 送迎バス案内 看護師募集 透析医療事業部
海部共立クリニック 体も心も元気!になる透析治療で、すこやかな生活を 0567-65-1171
ポリシー フットケア 人が支える透析治療 よりよい透析のために クリニック概要・透析治療のご案内 患者様会「腎友会」のご紹介

HOME > スタッフインタビュー > 私を暖かく迎えてくれた海部共立クリニック << 前のページへ戻る

私を暖かく迎えてくれた海部共立クリニック

−こんにちは。よろしくお願いします。

(藤田課長)
こんにちは。よろしくお願いします。

−ずっと海部共立クリニックさんで働いていらっしゃったのですか。

(藤田課長)
いえ。名古屋市にある偕行会セントラルクリニックにいました。
課長になって2ヶ月ほどして、海部共立クリニックで働くことになりました。
少しビックリしました(笑)

−課長さんとして海部共立クリニックさんに来るときは緊張しましたか。

(藤田課長)
偕行会セントラルクリニックにいたスタッフもいますので、それほどの緊張はなかったです。
ただ、課長としては2ヶ月の経験しかなかったので、周りに助けてもらってばかりでした。

−皆さん、暖かく迎えてくださったのでしょうね。

(藤田課長)
はい。
すごく主任さんたちが優しいんです。
主任さんがスタッフ全体を上手にリードしてくれているので、私の仕事がないくらいです。
スタッフに声を掛けてくれるし、質問にも「こうだよ」と丁寧に教えてくれています。
主任さんたちには助けられてばかりです。

−医療面では、どのような力になってくれたのでしょうか。

(藤田課長)
赴任したばかりの時は、私は患者様のことが全くわからないので、患者様からのご希望に対しても、私だけの判断では対応できないんですね。
ですから、主任さんからの患者様それぞれのお好みや個性を教えてもらって、対応させていただきました。
もちろん、私には私の考え方があるので、協力して、より良い回答を導き出すようにはしました。

−藤田さんのやり方を押し通すのでなく、クリニックやスタッフの皆さんのやり方も加味しながら進めていったのですね。

(藤田課長)
はい。
今までのやり方に患者様は馴染んでいるので、それを大事にしたいと思います。
その中で主任さんたちを中心に話し合って、改善すべき部分があれば改善していきたいと思います。

−海部共立クリニックの職場の雰囲気はどのように感じましたか。

(藤田課長)
スタッフの皆さんが、穏やかなんですね。
「そういう考えもあるんだね」という具合に、人の意見を受けいれる雰囲気がありますね。

−コミュニケーションがとれているのでしょうね。

(藤田課長)
はい。スタッフも大勢いるので、その場にはいないスタッフに直接伝えられないこともあります。
そのような時はリーダーさんに「いなかった人に伝えてください」とお願いしますが、よく行き渡っていると思います。


藤田課長インタビュー
お互い助けあっての海部共立クリニックという課長の藤田亜矢子さん。
「私はバカでいいんです」という言葉の意味は何でしょうか。



     

HOME
人に話しかけられやすい、人に話しかけやすい職場に

医療法人偕行会 海部共立クリニック
〒498-0006 愛知県弥富市佐古木2丁目280番地1 Tel.0567-65-1171 Fax.0567-65-3853
Copyright© Ama Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.